sideviews

アクセスカウンタ

zoom RSS ぬくもり

<<   作成日時 : 2011/01/29 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

津軽海峡線を適当なところで切り上げて、次はどうしようか。地図と時刻表を比べて津鉄のストーブ列車に行けそうだと、五所川原へ足を運んだ。津鉄こと津軽鉄道は五所川原から津軽中里間まで20kmの路線で、途中には太宰治ゆかりの「斜陽館」がある金木(かなぎ) や、桜の芦野公園が有名。五月連休前後、芦野公園駅を覆うように咲く姿が素晴らしい。
凍りそうな道、時折視界を覆うほどの雪に阻まれつつも、なんとか金木近くの開けた場所に着いた。開けた、ということは当然風も強いわけで、車のドアを開け閉めするのも慎重になる。
また手持ちで構えてカメラ設定などを確認するうちに、ふと気づけばディーゼル機関車と客車2両+気動車1両の編成がすぐそこまで来ている。後ろから吹き付ける風のせいで、100m先の踏切警報も聞こえなかったようだ。

DD35 2−オハ46 2 津軽鉄道

DD35 2−オハ46 2

  • 津軽鉄道 金木←嘉瀬 2010-12
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

津鉄の冬の名物「ストーブ列車」。その名の通り客車の中にダルマストーブが鎮座し、鉄道暖房の原始的な形態を今に伝える列車だ。そもそも旧型客車が見られる場所がきわめて少なく、古典的なディーゼル機関車との組み合わせも貴重なもの。昨今は津軽地方の代表的な観光列車と認知され、新幹線開業効果で利用客も増えているそうだが、もともと輸送力のある通勤通学列車に使われていたものだ。以前は電車の電装を解除した客車や鋼体化改造オハ31を、1986年には国鉄譲受のオハフ33・オハ46に更新(?)している。
一般客車の暖房は、東北地区の国鉄が電気暖房を採用したのを除くと蒸気暖房が標準的で、蒸機ではそのボイラから、それ以外では機関車に設置した蒸気発生装置(SG) から熱源が供給される。だが津鉄のDLはSGを搭載しておらず、それでは冬場の車内保温ができないから、客室内に石炭ストーブを置いてあるのだ。
牽引するDD35形は国内ディーゼル機関車としては初期グループに属し、2軸台車は連結棒で動力が伝えられる。小さい車輪を回すロッドのせかせかと動く姿が可愛らしい。

最近のストーブ列車は観光列車化していたもののごく普通の旅客列車として運行され、私もそのとき乗っている。3月の日差しでストーブの近くだと暑すぎ、すこし離れて座ったと思う。旧客のゆったりした乗り心地を味わうだけでも、乗りに行く価値は大いにある。
冷房なんて贅沢な (あくまで当時の) 装備は、当然持っていない。ゆえにこの列車は12月〜3月と5月さくらまつり期間のみ運行され、8月五所川原立佞武多 (たちねぶた) にあわせ「真夏のストーブ列車」という企画も行われている。窓を精一杯開けられる列車というのも、昨今なかなかないものだが。

津軽21-104 津軽鉄道

津軽21-104

  • 津軽鉄道 金木→嘉瀬 2010-12
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

津鉄では2007年からストーブ列車運行維持を目的に「ストーブ列車料金」を設定している。同列車は設定上通常期の普通列車を置き換えて運行されており、地元客の利便を確保するため一般の気動車を併結するようになった。
気動車は国鉄キハ20系列に順じたキハ24000形・JR東日本から譲渡されたキハ22形などがあったが、現在は1996年から導入された津軽21形で統一されている。全国で見られる軽快気動車NDCの一員で、津鉄初の冷房車となり窓は開かない。太宰の代表作のひとつ「走れメロス」を愛称に、津軽平野を軽快に走っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。

つてつにわたしも乗りました!
わたしのブログのプロフィールにある写真が
津軽鉄道の毘沙門駅なのです。

北海道にいながらにして
お気にいりなためこちらの駅の写真を
長らく使わせていただいています。

わたしが訪問したのは2009年
ストーブ列車が走るちょっと前の晩秋。
たいした調べていかなかったものですから
見事にハズレ。。。2枚目のお写真
メロス号で我慢でした。

あちゃ?
ストーブ列車ってお客さまがいないような気が(苦笑)
An
URL
2011/01/30 21:53
Anさん こんばんは。

そういえば津鉄にも乗っていらしてましたね。で、下車駅が毘沙門と、また渋い駅を選ばれていて(笑) 残念ながらストーブ列車は通過になっているようですが……

たしかに前の車にお客さんの姿が見えないですね。私もあとで見直してちょっとだけ残念なところでした。つぎの客車とメロス号・津軽21形には若干乗っていましたが……。列車によっては接続の関係からか、閑散としていることもあるようです。
宮本康宏
2011/02/02 23:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぬくもり sideviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる