テーマ:軌道

とでんのある風景

「トデン」 とだけ聞くと、たいていの方は東京都交通局の路面電車・通称「荒川線」を思い浮かべることだろう。しかしながら四国では別の「とでん」が走っている。 土佐電気鉄道。高知市内と両隣の南国(なんこく) 市、いの町に軌道を伸ばす電鉄会社は1903年創立、翌年から高知市街で電車の運行を開始した。合併などで一時期別の名称になったことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンチン電車は今日も行く

中国地方最大の都市、広島。宮島への玄関口、原爆ドームのある平和記念都市、広島東洋カープとサンフレッチェ広島の本拠地、そして路面電車の走る街。広島電鉄 (広電: ひろでん) の鉄軌道路線は総延長35.1km、輸送人員16万人/日と、名実ともに日本の路面電車を代表する存在だ。 昭和40~50年代にかけて、国内の路面電車はモータリゼーション…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

南国のチンチン電車

九州新幹線800系〔つばめ〕で、博多から深海業の各駅に停車しながら熊本へ向かう。福岡・熊本県境付近の丘陵地帯をトンネルで抜けて熊本へ近づくと、左手下方に一瞬駅と車両基地が見える。ここは鹿児島本線上熊本駅の真上で、見えたのは熊本電鉄の菊池線、そして熊本市電の上熊本線だ。 1095 熊本市交通局幹線 熊本駅前←祇園橋 2011-5 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミクみく・リボン

札幌市中心部の鉄軌道交通を担当する札幌市交通局は、現在JR以外では日本最北・最東に位置する鉄道事業者。独自の走行音と高加速度が特徴的なゴムタイヤ地下鉄に交じって、1路線だけ残る路面電車が、北都のちいさなシンボルとなっている。 かつて市電は広域にわたって路線を敷き、路面交通では希少な非電化区間を走れる路面ディーゼル車も保有していた。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノトーン・ループ

2010年1月現在 日本の鉄道網は JR線19,844.7km、民営公営線7,345.7km (いずれも旅客営業キロ)。赤字路線の廃止が続き最盛期に比べればかなり減ってはいるが、それでも国土面積を考えるとこの総延長は現在でも世界有数の規模といえる。 国鉄分割民営化前後には、特定地方交通線関係で路線廃止や第三セクター転換が激しく、民営化…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

みなとのにじいろトラム

国鉄時代の駅の面影を求めるなら、富山駅は外せない。 3階建ての駅ビル、その1階中央にはラッチがずらりと並んだ改札口。しかも自動改札ではない (金沢・福井駅も改札は有人のみで、北陸の改札自動化はとても遅れている)。改札口からそのまま続く1番線に特急〔しらさぎ〕が停車する姿は、鉄道が交通の主役だった時代をも思わせる。バス、タクシーのりばと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

TAMADEN2

わかやま電鉄貴志川線の貴志駅で勤務するスーパー駅長たま。ICHIGO-EC (いちご電車)、OMODEN (おもちゃ電車)に続くイベント電車第三弾として、たまをモデルにしたTAMADENこと「たま電車」がことしの春に登場した。前二者に続き同社デザイン顧問を務める水戸岡鋭治氏が監修、「たまんが」(こたすぎ2氏画)のさまざまなポーズ(全部で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more