テーマ:交流電車

白鳥の歌―青函点望

津軽線の油川駅からすこし北へ進んだ神社脇の撮影地…を抜けて、東側から線路と並行に構える。後に連なる山の前にはいつしかやぐらが組まれ、やがてその上にコンクリートの帯が乗っかり、柱と電線が追加されていった。来年春にはその高架橋を、E5/H5系新幹線が行き来することになる。 クハ789-301 津軽線 油川←津軽宮田 2010-12 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hello! モーリー

東北新幹線が新青森まで全通した2010年の年末、八戸駅から青森ゆき 水色の電車に乗り込んだ。目的は青い森鉄道の走破。東北本線として通っている道ではあったが、経営体が変わったことで乗り直しになった。 2002年の新幹線八戸延伸によって、東北本線の盛岡~八戸間は並行在来線として分離され、第三セクター会社が経営を引き継いだ。岩手・青森県境に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セクション-2

海沿いに水田がひろがる熊本県南部の八代平野。畳表の材料であるイグサの産地としても知られる。この真ん中を抜ける鹿児島本線には、かつて〔つばめ〕→〔リレーつばめ〕が多数設定され、八代まで最高130km/hで疾走する787系が頻繁に見られたが、九州新幹線全通後は肥薩線の〔九州横断特急〕と〔SL人吉〕の他は815・817系の2両編成が行き交うロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAMA☆SONIC

2年前に何があったか忘れた人はいないと思うが、その1年前に南九州で起こった出来事は憶えておいでだろうか。2010年に宮崎県で発生した口蹄疫は、それと前後して発生した新型インフルエンザや鳥インフルエンザといった、目に見えず得体のわからないものへの畏怖も重なって、当時はたしかに国内を揺るがす大事であった。 農・畜産業だけでなく観光産業も大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステップからフラットへ-2

富良野線からの帰りは札幌へ。この時期に北海道へ来たからには、もうひとつ「学園都市線」の様子を眺めておきたい。非電化ながら札幌近郊を走ることで急激に利用の伸びた学園都市線 (札沼線) は、6月1日に札幌~桑園(そうえん) ~北海道医療大学が電化。今回は第一次開業として約7割の列車を電車へ置き換え、10月には石狩当別までの全列車を電車化する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステップからフラットへ

半年ほど前の話になるが、南武線の稲城市内で行われている連続立体化事業 (高架化工事) のうち下り線部 (川崎→立川) が昨年末に完成、供用開始を前に施設見学会が行われた。使用開始直前のホームと線路も見学できるということで、駅の線路へおおっぴらに降りられる機会はそうそうないから……と足を運んでみた。 受付でヘルメットを借り、真新しいプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海峡に舞う

東北新幹線の終点・新青森と函館を結ぶ青函特急〔スーパー白鳥〕は、現在789系6両での運転 (2往復は485系〔白鳥〕) だが、連休や盆暮れの高需要期には8両編成となる。 新幹線八戸開業にあわせて2002年に登場した、"HEAT 789" こと789系。冬は地吹雪も吹き付ける平原、海岸からの潮風そして高湿度の海底トンネルという過酷な環境…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かもステンどり

カモステンドリ……ナンですかそれは? 珍鳥? 鳥を捕まえる独特の猟法? はたまたどこかで生まれた新ゆるキャラ!?……とあれこれ想像させておいて、まったく違います。 長崎本線・佐世保線で1976年から運転を開始したエル特急〔かもめ〕と〔みどり〕は、登場時から博多~肥前山口間で連結している。博多~鳥栖間は鹿児島本線と共用する高密度区間…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

あかべぇの里へ

今年の夏はいろいろな事情で時間が取れず、そんな中での貴重な休日を使ってなんとかリフレッシュせねば! と、福島県会津地方を訪れた。その中心となる会津若松には磐越西線・只見線・会津鉄道が乗り入れ、列車もC57牽引の〔SLばんえつ物語〕を筆頭に、多種多彩な車両が集まる楽しい場所だ。 前夜新幹線で乗り込んだ郡山から、車で磐越道に向かう。ま…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

神の村にて

国道12号線で深川から旭川へ向かう途中、山に突き当たった道路はトンネルに入る。そこに入らず直前で左折すると、すぐに「神居古潭 (かむいこたん)」の看板が見えてくる。 カムイコタン (kamuy-kotan) とはアイヌ語で神のいる村(場所)の意。道央をゆったり流れる石狩川はこの周辺で山間の狭い谷を抜けており、「舟が唯一の交通手段だった…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウォーミング・アップ

ひさしぶりに上野幌の築堤に立つ。いまひそかに注目している一般形DCの代表形式キハ40系、北海道の仲間を撮り集めよう、と連休のさなか札幌千歳へ乗り込んだところだ。 JR旅客6社に在籍する最多両数のグループで、まだまだ平凡といえる存在のキハ40だが、形態のバリエーションも意外に多く、地方独自の塗装は言うまでもない。そして特徴的な二重窓タイ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スーパーワイドビューコミューター

日本の鉄道車両の窓はどれも大きく、格子や金網もないので見通しがとても良い。割れた状態で走ることはないし、たいていは汚れてもいないから、外に流れる四季折々の車窓を十分に堪能できる。 ご多分にもれず私も乗り物に乗れば窓側に座る。風景を楽しむこともそうだが、撮影予定地の現状を調べることも重要な目的だ。だからあえて日の当たる側に座り、暑いけど…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

TSUBAME

開けた場所で撮影することの多い私は、野鳥の姿で春の訪れを感じることも多い。まだ水のない田んぼからぐんぐん高く上がっていくヒバリはその筆頭。4月になるとこれに加えて、俊敏に飛び回るツバメもよく見かける。やがて軒下に巣が造られ、目立つ場所で親鳥とヒナの姿がよく観察される。 (静岡市清水区 2008-6) 〔つばめ〕の歴史について改め…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

White Arrows

最近のエントリは季節感がなさ過ぎるようなので、このあたりで寒い画でも……ということで、冬といえばやはり北海道から。 函館本線の札幌~旭川間は、現在〔スーパーカムイ〕が30分間隔で走る、道内でも重要な区間のひとつ。高速バス「あさひかわ号」「いわみざわ号」との競争がはげしいところだが、冬期間のバスは所要時間を延ばしたダイヤを設定し、対…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

木に竹を接ぐ

以前紹介したワンマン化による車両の改造についてのコメントから、ある車両のことを思い出した。 ワンマン運転、とくに車内で運賃を収受する区間では、運転台と運賃箱、降車口をできるだけ近くに配置するのが望ましい。いわゆる「レールバス」――JRローカル線・第三セクター用ディーゼルカーはそれを踏まえて設計されているし、JR電車でも701・E127…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ニューフェイス1周年

ちょうど1年前の2007年10月1日、789系1000番台〔スーパーカムイ〕がデビュー、781系を一斉に置き換えた。同車は〔スーパー白鳥〕に使用される "HEAT789"(100番台) から青函トンネル対策などの特装を解いて、かわりに乗降扉を増設した。 ちなみに100番台も将来こちらへの転用を想定した設計がなされているとか。 以来、1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夏休みの自由課題(2) -バスの記憶

夏休み後半、長野県から舞台は一気に九州へ移動する。0系〔こだま639号〕に新大阪~博多そして博多南までつきあって、九州新幹線受け入れ工事の只中にある博多駅へ戻った。 私は福岡市に住んでいたことがある。その市内、いや福岡県内での公共の足といえばまず西鉄バスだった。同社のバスは日本一を誇る規模もさながら車体にも特徴があった――と知るの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

TOYAKO SUMMIT

第34回主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)が開催される。道内では警備も超厳戒態勢に入っているのだろう。と言っている首都圏も例外ではなく、構内を警官が巡回していたり、駅のコインロッカーが閉鎖されたりなど、影響は少なくない。 さてJR北海道では快速〔エアポート〕に使用する721系の3編成に4月末からラッピングを施して走らせている。また…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more