かもステンどり

カモステンドリ……ナンですかそれは? 珍鳥? 鳥を捕まえる独特の猟法? はたまたどこかで生まれた新ゆるキャラ!?……とあれこれ想像させておいて、まったく違います。

長崎本線・佐世保線で1976年から運転を開始したエル特急〔かもめ〕と〔みどり〕は、登場時から博多~肥前山口間で連結している。博多~鳥栖間は鹿児島本線と共用する高密度区間であり、以前から両線向けの優等列車併結運転は恒常的に行われてきた。両列車の併合部にも485系電車の貫通形クハ481-200番台が投入されたものの、なぜか活用されることはなかった。
1985年から〔かもめ〕と〔みどり〕を個別に運転して博多~佐賀間で一時間あたりの特急本数を増やす施策がとられ、翌年には全列車が単独運転となった。JR化後に〔かもめ〕の増発で併結運転が再開されたがそれでも貫通路は使われず、九州所属485系は扉そのものが埋め込まれてしまった。

1992年、大村湾に長崎オランダ村の新テーマパーク「ハウステンボス」がオープン。最寄り駅として大村線にハウステンボス駅が開業し、アクセス特急〔ハウステンボス〕乗り入れのため佐世保線の早岐(はいき) から同駅まで電化された。
〔ハウステンボス〕は早岐まで〔みどり〕と併結、さらに両列車は基本的に〔かもめ〕とも併結するため、合計で12~13両の堂々たる特急列車が登場することになった。そんな長編成を停める余裕があるのか気になるところだが、鹿児島本線や長崎本線は東京から寝台特急列車が乗り入れてきた歴史もあり、各駅ともじゅうぶんなプラットホーム延長は保たれていた。とはいえ博多駅では留置線の関係や列車輸送力の調整などでホーム上での分割併合作業も多く、運用の苦労が垣間見える。
3列車の連結順序は、いつも肥前山口側から〔かもめ〕-〔ハウステンボス〕-〔みどり〕と決まっている。だから全部あわせて「かも・ステン・どり」……とは私が勝手にそう呼んでいるだけだが。485系は他区間の新車投入にともない、2000年から783系に置き換えられた。

クロハ782-3

クロハ782-3

  • 鹿児島本線 原田←天拝山 2010-11
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO250

JRグループ初の新系列車両がこの783系特急形で、1988年に「ハイパーサルーン」の愛称でデビュー。特急形電車としてはじめて構体にステンレスを使用し、すべての車両中央に出入台を設けて前後A・B室それぞれコンパクトな客室を持つのが特徴。指定・自由席や喫煙・禁煙席の区分けを柔軟に設定できるのが利点で、後続する787系や883系などにも中央バゲージラックあるいはセンターブース (ボックス席) の形で継承された。反面いちばん乗り心地の良い車両中央がデッキで、客室が車端よりになってしまうのが難点か。当初は空調機器も全部床下にあって、屋上は振子車並みにスッキリしていた。
窓自体国鉄形よりぐっと大きくなったが、両先頭車の運転台後方区画は仕切りがガラス張り、床をかさ上げ窓高さもさらに拡大した、いわば「パノラマシート」区画。JR九州初期の看板車両として、最高速度130km/hで島内の幹線を軽快に駆けまわった。
0番台のクロハはおもに博多~熊本間の〔有明〕3・4両編成に使用されていた。登場当初はカンパニーカラーの赤帯+白ストライプだったが、1994年からのリニューアルを機に、787系が採用したテーマカラー (緑赤青黒) を用いたデザインに変更されている。

クロハ782-508

クロハ782-508


中央に挟まれる〔ハウステンボス〕用のクロハ782は、真っ赤なフロントマスクが強烈な印象を与える。4両編成の車両端は先代485系のイメージを受け継いで、赤・黄・青・緑で大胆に塗りわけた。帯部のロゴ "HUIS TEN BOSCH" とは、オランダ語で「森の家」という意味。出入口の脇には、ヨーロッパ旧家にみられる紋章をイメージしたハウステンボスのエンブレムが飾られていた。しかしトンネル走行中に外れて窓ガラスを破損する事故が起きたため取り外され、現在はステッカー貼り付けとなっている。
全体に小窓が並んでいる車両はもと全室グリーン車クロ782形で、鹿児島〔有明〕(のちに〔つばめ〕)を中心に使用。編成短縮のため後方B室を普通席に改装し、クロハ782-500番台となった。

クロハ782-102

クロハ782-102


〔ハウステンボス〕の博多方と〔みどり〕の早岐方は中間普通車を先頭車化したもので、両編成間の貫通路もこんどは使用されている。100番台のA室はグリーン席に変更された。
列車名が〔みどり〕なのでイメージカラーも緑色。だが先代の485系はなんと「赤いみどり」だった。485系レッドエクスプレスは水戸岡鋭治氏による初期鉄道作品のひとつで、1990年の「赤いかもめ」を皮切りに九州の同系は次々と赤一色に染まっていった。原色塗りの車体にさまざまなレタリングを施した外装、正反対に暗色系を中心とする落ち着いた室内は、水戸岡デザインの特徴を示すものといえる。ボンネット車も例外なく変えられたのにはさすがに違和感をおぼえたものだが。

九州特急ならではの光景のひとつ、三様の三階建て特急列車は、じつはもうすぐ見納め。3月の九州新幹線全通によって〔リレーつばめ〕〔有明〕の任を解かれる787系が転用されて、改正以降〔かもめ〕は「白いかもめ」885系を含めすべて単独運転となる。
四半世紀のランデブーを続けてきた〔かもめ〕と〔みどり〕。両列車間の通り抜けは結局できないまま、その歴史に区切りをつけることになりそうだ。

"かもステンどり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント