学都の顔、札沼の主

昼下がりの札幌から、学園都市線キハ201系で北海道医療大学へ向かう。
「学園都市線」の愛称を持つ札沼(さっしょう) 線は、札幌のとなり桑園(そうえん)~新十津川(しんとつかわ) 間76.5km。「沼」は留萌本線の石狩沼田で、もともとそちら側から先に開通したのだが、赤字が著しい区間だったために新十津川~石狩沼田間が1972年に廃止され、今の姿になっている。近年札幌市内 (札幌~あいの里公園間) は住宅開発が進み、また愛称の通り沿線に教育機関が多くなったことで通勤通学客が急増した。JR化後には桑園から札幌まで単線の専用線路が用意され、一部区間で高架化と複線化も行われた。

キハ142-4

キハ142-4

  • 札沼線 あいの里教育大→あいの里公園 2010-5
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

同線のみで見られる形式も多く、最強通勤DCキハ201系のほか、50系オハフ51形客車を改造した"PDC" キハ140系そしてキハ40・48が、朝夕には最長6両編成で運転する立派な通勤路線となっている。非電化の複線を気動車が多数行き来する路線というのはこれまでもあまり例がなく、現在でも他にあるのは関東鉄道常総線の取手~水海道くらいだ。
スピードやサービス (非冷房車も残っている) 向上のため、札幌~北海道医療大学間は2012年完成の予定で電化工事が進められている。高架区間では架線柱をほぼ建て終え、架線・き電線を張るためのビームが取り付けられている段階だった。

キハ40 336

キハ40 336

  • 札沼線 石狩太美←あいの里公園 2010-5
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

高架を降りても家並がつづく札幌市内から、宅地造成が進む「あいの里」地区を過ぎて石狩川橋梁を渡ると、一転して車窓には田畑が広がる。駅間距離も急に長くなり、キハ201系の走りもようやく「らしく」なった。
約45分で着いた石狩当別で列車系統は分割され、浦臼 (うらうす)・新十津川方面は単行ワンマン車両での運転となる。一駅先の北海道医療大学までは一部列車が乗り入れてくるものの、その先は一日数本まで激減、浦臼より先は1日たった3往復という国内有数の閑散区間となる。起点と終点でこれほど様相の違う路線も珍しい。ちなみに学園どころか、利用客まで皆無のため廃止された駅まで存在する同区間も、「学園都市線」と案内されている。
1977年から製造され、現在もなお北海道から九州まで全国各地に広く見られるキハ40系列だが、220PSのエンジン一基に重量級の車体で、走行性能が低いのが問題だった。積雪期は2両での運転を要し、同区間やかつての深名線などでは過剰すぎるため、急行形の2エンジン車キハ56に運転台をつけ足したキハ53形500番台を使用していた。

キハ40 402

キハ40 402

  • 札沼線 北海道医療大学←石狩当別 2010-5
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO400

現在の「札沼北線」を守るキハ40形400番台は、同形の置き換えに2両が改造されたもので、同線唯一のワンマン運転対応車でもある。車両形状はほかの700番台と変わらないけれど、エンジンの交換で出力は450PSに増強された。
キハ40系の性能改善のため、北海道を含む各社でエンジン換装など強馬力化した車両も多いが、こちらは宗谷本線急行に使用していたキハ400・480 (現330番台) の出力330PSを軽く凌ぎ、ヨンマル最強を誇る。一方で冷房装置は搭載していない。塗装は白地に萌黄・青の帯という北海道標準を維持しつつ、乗降扉の萌黄色と正面貫通扉の白で帯がそれぞれ切れていることで他車と区別できる。

"学都の顔、札沼の主" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント