モノトーン・ループ

2010年1月現在 日本の鉄道網は JR線19,844.7km、民営公営線7,345.7km (いずれも旅客営業キロ)。赤字路線の廃止が続き最盛期に比べればかなり減ってはいるが、それでも国土面積を考えるとこの総延長は現在でも世界有数の規模といえる。
国鉄分割民営化前後には、特定地方交通線関係で路線廃止や第三セクター転換が激しく、民営化直前の1987年3月には1ヶ月で国鉄線が600kmも減った。すべての経営分離が完了した1990年以降、線路網の動きは少なくなったが、それでも毎年のように開業や廃止、線路付け替えによる営業キロ数の変動が続いている。とくに新規開業線の開業時期は「乗り鉄」 (鉄道路線全線走破を目指す、または果たした人) にとって気になるところ。私も後者として路線の動きにも一応の注意を払っている。
昨年は、JR旅客営業線では変動がなかった (※)。 民営鉄道では、3月20日の阪神なんば線開業、4月26日に門司港レトロ観光線開業 (JR貨物路線を転換)、10月31日限りで石川鉄道の鶴来~加賀一の宮間廃止、そして12月23日に富山地方鉄道富山都心線の開業があった。

2009年12月下旬、完乗記録を保ってすっきり2010年を迎えるため、〔はくたか〕で富山へ。このところはげしい降雪が続く北陸にしては珍しい、冷たい雨の降る昼下がりだった。道路事情とはいえ屋根もない狭い電停で待つのはちょっときついが、やがて向こうから真新しい銀色の電車が到着し、ドアが開けばそこは客室床。バリアフリーは大荷物を持った身にもありがたい。
富山県は全国有数のマイカー県である。そして地方都市に良くあることだが、富山市でも郊外のバイパス沿いに大型商業施設が集中し、人口の郊外流出と中心部の空洞化が問題となった。そこで市は中心部活性化のため、富山駅近辺でコの字状に走る市内電車路線の空白1辺を短絡して環状線をつくった。かつてほぼ同じルートを路面電車が走っており、廃止区間の復活ともいえる。線路は富山市が敷設、営業は富山地方鉄道が従来路線 (本線など) と一体で行う。

9001 富山地方鉄道

9001A-B

  • 富山地方鉄道富山都心線 国際会議場前←丸の内 2009-12
  • D700, AF Nikkor 35mm F2D, ISO200

丸の内電停で従来線から分岐した電車は、真新しい軌道をすべるように走る。富山城址の脇を通り、繁華街の総曲輪(そうがわ)を左に見てグランドプラザ前へ。西町電停 (環状線は停まらない) の交差点で左折して本線に合流する。営業キロは0.9km、全線単線で、電車は左回りの一方通行となる。
この開業にあわせて9000系低床電車が導入された。愛称「セントラム (CENTRAM)」、富山ライトレールTLR0600形とほぼ同一仕様で、20kmほど西の高岡に走る万葉線 (もと加越能鉄道) の赤い「アイトラム」も同じ形態だ。富山県は、路面電車では時代の先頭を走り出した。

「路面電車を撮るなら曲がり角」というわけで、荒町電停から歩いて新線区間へ戻りカメラを構える。ただしそこには連接車ならではの問題点があった。中央で折れる編成をカーブ外側から見ているので、端のほうが遠くなってゆがんで見えてしまうのだ。1車体のみに着目しての撮影でも良かったが、それもなんだかアンバランスといえるので、従来例にしたがって編成中央に焦点を合わせた。

9002 富山地方鉄道

9002B-A

  • 富山地方鉄道富山都心線 大手モール→グランドプラザ前 2009-12
  • D700, AF Nikkor 35mm F2D, ISO200

車両はポートラムのカラフルさと対照的なモノトーンの3編成で、デビュー記念のラッピングもシンプルだ。この日は01(白) 02(銀) の2編成が充当され、03(黒) はお休み。一周20分の10分間隔で交互にやってくる。
環状線は記したとおり一方向にしか走らないが、入出庫や本線への充当も考慮して運転台は両方についている。なお本線のほうでも三車体連接の低床電車導入が予定されており、富山の路面電車をめぐる動きは活発になってきた。


※ 参考として、3月31日に関西本線八尾~杉本町間が廃止、4月1日に宮島航路がJR西日本宮島フェリーへ移管。

"モノトーン・ループ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント