稲妻から流星へ

JR発足直後は好景気に支えられて貨物輸送も伸張、これに応える形でJR貨物から1990年に登場したのが出力6,000kWという国内最強の電気機関車EF200。開発が間に合わず、つなぎとしてEF66,EF81,ED79を追加製造したほどだった。
直流機EF200に対し交直流版のEF500も1両だけ試作された(1990年)が、輸送事情に見合わないなどの理由で量産化されず、2002年に廃形式になった。EF200も出力過剰や高コストという理由で増備を終了し、より経済的な汎用機EF210に移行。こちらは順調に数を増やしてEF65を置き換えつつある。

これをベースにした交直流機EF510は、新世代のEF81というべき汎用機関車。交流対応機を示す赤い車体は「レッドサンダー」の愛称がつけられて、日本海縦貫線、主に大阪~新潟間で活躍している。「く」の字を車体内側に向けたシングルアームパンタは、交流区間で見栄えするスタイルだ。

画像

EF510-10

  • 北陸本線 春江←丸岡 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO100, 1/400, f5.6

関東ではお目にかかれない同機だが、JR東日本が新型電気機関車として15両導入すると発表、2010年度からEF81に代わって〔カシオペア〕〔北斗星〕の上野~青森間を受け持つことになった。昨年走ったJR20周年記念の日本一周列車では、JR貨物代表として24系「夢空間」の先頭に立ち注目を浴びたが、それが営業列車で見られることになる。
これは(すくなくとも北海道向けは)客車列車を維持するという意志の表明だが、じつは東日本のEF81は北斗星機も含め常磐・北陸・信越線の貨物牽引にも従事していて、それを刷新する狙いのほうが大きいのだろう。また旅客車両の新製・廃車・検査入場の回送をEF81とEF64 1000番台の牽引で頻繁に行っており、それの置き換えも十分に考えられる。

いずれにしてもEF81の特急牽引機が優先的に廃車対象となるはずで、もとお召し機の81号機、本体なきあとも踏ん張る「スーパーエクスプレスレインボー」色の95号機は、今後要注意かもしれない。

"稲妻から流星へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント