夢の彼方へ ~惜別〔まりも〕

ほぼ同時期に登場した781系電車(1978年)と183系気動車(1979年)は、互いに意識したのか前頭部の表情は対照的だ。どちらも着雪防止を図ったものとされるが、781系が「丸み」で構成されるのに対し、183系は「く」の字型前頭部に四角いライトケース・タイフォンシャッターと直線づくし。そのいかめしい姿は「スラントノーズ」と呼び親しまれるようになった。
スラント(slant)とは「斜めに」のほかに「(目の)つり上がった」という意味あいもある(俗語でもあるようでこれ以上詳しく書けません)。正面から見れば781系ともども切れ上がったアイラインが見て取れ、この点でもスラントな顔と呼べるだろう。

5月連休中のこの朝、上り〔まりも〕は両端とも0番台を小改造したキハ183-200番台だった。ほんとうは「ボウズ」とあだ名のついた改造先頭車キハ183-100番台も撮りたかったところだが、両端ボウズの編成はその日釧路側へ行っていた。スラントノーズも函館系統からは撤退ずみで、これで石勝・根室線からもいなくなってしまう。そういう意味では、千歳線でとらえたこの姿も貴重な記録ということかもしれない。これと2006年夏に大楽毛の湿原ポイントで撮ったのが、私の〔まりも〕走行写真のすべてとなる。

画像

キハ183-210

  • 千歳線 島松→北広島 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO160, 1/250, f4.5

〔まりも〕乗車は一度だけある。2004年冬、釧路からB寝台に乗り込み、まだ漆黒の中にある追分で下車。夕張支線、その前に廃止の決まった楓駅を訪れるのが目的だった。末期の同駅は早朝に1往復(休日運休)しか来ないダイヤで、札幌から列車で訪れることはできなくなっていた。
当時の「北海道フリーパス」グリーン車タイプは道内夜行に限りB寝台車も乗り放題だったので、夜行〔オホーツク〕や〔利尻〕と組み合わせて、寝ながらに宿泊代を浮かせた人も多いだろう。私もその2日前には〔オホーツク9号〕の寝台を取って、凍り付いた窓から暁を眺めたものだった。
現在、座席指定は普通/グリーンとも6列車までに制限されており、これで寝台利用も不可能となっては、このきっぷの価値も相当下がってしまうのではないだろうか。そのとき追分から新夕張まで戻るのに乗った列車も、いつの間にかダイヤから消えてしまったようだ。

最終運転は8月31日札幌発23:08、釧路発23:30。そして〔まりも〕は夢の彼方へ。

"夢の彼方へ ~惜別〔まりも〕" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント