10000000000

「この世には10種類の人間しかいない。二進数を理解する人間と理解しない人間だ」……およそコンピューターというものは0と1の組み合わせ、つまり二進法(binary: バイナリー)で動いており、それを私たちが容易に理解できる文字や数字、音楽・画像・映像へ、これまた二進法の計算で変換しているのだ。この0と1で表せるデータ量をビット(bit)と呼び、1ビット増えるごとに区別できる数はそれまでの2倍に増え、つまりnビットは2のn乗 (2n)を数えられる。

先日ネット界隈を賑わしたのが、輸送障害後の京王線にあらわれた「32768両編成」という駅構内の発車案内表示。この一見でたらめな数字、じつは2の15乗 (215=2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2×2)、二進数に直すと 1000000000000000 という切りのいい表記になる。ここで冒頭の文に戻ると、"10"を「じゅう」でなく「いち・ぜろ」と読める人が二進数を理解している……という、一種のジョークだったわけだ。
10進数以外の基数表記は誤解を避けるため (10)2とか 10B などと表現する。二進数では表記が長すぎるので、4ビット(16通り)を0~9の数字とA,B,C,D,E,Fで表現する「16進数」が理解しやすい形として一般的に使われ、32768を16進数で書けば 8000 ( (8000)16, 8000H など) となる。
32768がコンピューターにはちょうど良い数字だとして、なぜそんな大きな編成両数が出てきたのか? 仮に全長20mの車両を連結していったら総延長は 655.36km、東京から姫路の先 (網干付近) まで行く! もちろん京王にそれほどの車両がいるはずもなく、一列車は最大10両編成である。真相は外部には知る由もないが、編成両数を扱う時点で16ビットの最上位を1とした(※)マイナスの数字が入ったときは例外を示すことにした処理と、16ビットすべてを整数値として扱う処理が入り混じったから、なのかな…と思った。

※負の数も扱うときには、最上位ビットを1とした2の補数表記が計算のしやすさなどから一般的で、この場合16ビットで表せる整数は -32768~32767 となる。

デハ1024 京王

デハ1024

  • 京王井の頭線 高井戸←浜田山 2013-5
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO320

10進法に慣れた私たちが考える「切り」のいい数字、いわゆる「キリ番」は、下2桁以上が"0"になる数字だ。いっぽう二進法では (デジタルキリ番と呼ぶことにする)、2のべき乗 (2n)。n=0から順に数えると、 1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768,……。
とりあえず(10進の)4桁以上で考えてみると、形式や増備数から一番ありそうなものは1024で、つぎは2048というところか。4096になると見当たらないが、8192は東武8000系にあった (クハ8192)。東急も8090系にデハ8192号車が在籍していたが、秩父鉄道へ譲渡されデハ7601となっている。
当の(?)京王ではというと、井の頭線の1000系に在籍するデハ1000形1024号車のみだった。形式で10進数、車号で2進数、ふたつのキリ番車両である。井の頭線は全線の所要時間が急行17分、各停30分で (昼間)、北側から撮影せざるを得ず「ピーカン不許可」になるものの、本線に出てさえいれば捕捉は難しくない。なお多くの私鉄車両では車号そのもので各車が識別されているので、最近は「クハ」とか「デハ」という表記をつけない、車籍上ではついていても車体に表示していないケースが多い。

クハ1779ーデハ1129ーデハ1079ーデハ1029ークハ1729 京王

クハ1779ーデハ1129ーデハ1079ーデハ1029ークハ1729

  • 京王井の頭線 高井戸←浜田山 2013-5
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO320

1000系は1996年から増備された京王井の頭線初の20m4扉車 (5両編成) で、18m3扉車だった3000系の代替に投入され同線の輸送力を増強した。押し出された3000系は軽量で腐食の少ない冷房ステンレス車ということで上毛電鉄、伊予鉄道など地方私鉄で第二の人生を歩んでいる。
編成ごとに7色に塗り分けた前面と腰帯は3000系から継承しているが、3000系でベージュだった編成はオレンジベージュに変更されている。また第29編成は2012年10月から特別ラッピング車として、連続的に帯色の変わる「レインボーカラー」となった (前面は白)。

この記事へのコメント