くるまがまるく

3月のダイヤ改正では、北近畿地区の特急〔こうのとり〕等で運用されてきたJR西日本の特急電車「183系」が引退となる。カッコつきで書いたのは、この183系(800番台)と本来の183(189)系は違う系列で、西日本のそれは485系から交直変換機器を撤去し直流専用車へ改造したものだ。
同地区では2011年から新型電車287系が登場し、それまでの183系を順次置き換えつつある。では今回いよいよ新型に統一かというと実はそうでなく、置き換え車両は日根野から転属する381系振子電車によって行われる。183が消えたと思ったら381だったというオチ(?) 一部はすでに置き換えが始まっていて、塗装は「くろしお」色から正調国鉄色へと復帰、関西で最後まで残る国鉄色となりそうだ。

〔こうのとり〕の名称は、但馬地方で自然復帰活動が進む国の特別天然記念物コウノトリを由来とする。同列車は国鉄末期に福知山線~山陰本線 (福知山~城崎) 電化で登場したエル特急〔北近畿〕を2011年3月改正で改称。当の〔北近畿〕は山陰初の特急だった〔まつかぜ〕の後継と急行〔丹波〕の格上げだった。愛称公募の際に「こうのとり」の名も挙がったそうだが当時は採用されず、イラストマークの図柄として飛翔するコウノトリが使われた。

クハ183-706

クハ183-706

  • 福知山線 三田→道場 2013-1
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO250

山陰本線 (京都~福知山) の電化にあわせて再編された特急網は、京都と大阪からそれぞれ城崎温泉と天橋立へ直通するほか、福知山で相互乗り換えも可能(料金は直通列車と同額)とし、「北近畿ビッグXネットワーク」と宣伝していた。車両もJRだけでなく、北近畿タンゴ鉄道の「タンゴエクスプローラー」「タンゴディスカバリー」というリゾートタイプも投入され、JR特急の合間に走っていた。しかし2011年3月改正では福知山線特急を城崎向け〔こうのとり〕に集約し新大阪~天橋立の〔文殊〕は廃止、「タンゴエクスプローラー」乗り入れも終了した。
〔北近畿〕にしても、一時期は〔雷鳥〕を外れた485系を183系化して投入したと思ったらわずか数ヶ月で廃車、その後も阪和・関西線での通勤ライナー廃止によって浮いた381系 (普通車のみ) が投入されるも287系の増備ですぐ廃車……と、コウノトリ「に」次々と新しい子を運んでいるように思えてならない。今回の車両はいわゆる「アコモ改善車」で、グリーン車も用意され普通車シートピッチも広く、ゆったり座れるという触れ込みだが。

クハ381-111

クハ381-111

  • 福知山線 三田→道場 2013-1
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO250

電化複線区間では架線・ケーブル類の影がときに気になるものだが、通勤・近郊形と特急形ではその落ち方も違って、往々にして練習ではわからなかったものが本番を撮影して初めて判明することも。一般車では側板がほぼ垂直なのに対し、特急形は上部を内傾させている車両が多いためだ。ことに振子車は車体を大きく振るため車体はさらに丸く、上下ともにその傾き(絞り込み) 具合も大きくなってくる。影を落とさないために日差しはきつくないほうが良い、とはいえ曇りは色の乗りが良くない……いつもながら悩ましい問題といえる。

この記事へのコメント