K-BEN!

日本の鉄道で現在よく使われている軌間(ゲージ) は、新幹線や関西私鉄に多い標準軌の 1,435mm (4ft 8.5in)とJR在来線・私鉄に多い 1,067mm (3ft 6in)。それよりも狭い軌間として、762mm (2ft 6in) に代表される特殊狭軌、俗にいうナローゲージがある。「軽便(けいべん) 鉄道」と呼ばれ親しまれたミニ鉄道は、かつては地域の小規模交通、山間部では木材輸送 (森林鉄道) として全国に路線網を広げていたが、モータリゼーションとともに役目を終えてほとんどが廃止されている。

名阪伊地区の鉄道を吸収合併してきた近畿日本鉄道は、この国内三大ゲージを現在も保有する唯一の鉄道である。もっとも多いのは大阪・名古屋・奈良・京都線などの標準軌 (名古屋線は伊勢湾台風の被災まで1,067mm) だが、かつての奈良・京都線は車両限界が小さかったり、限界拡大後も奈良線は連結器高さが低かったり、と各線へ乗り入れる車両の制約は意外に大きかった。私自身もまったく把握しきれない通勤車両形式の煩雑さは、こんな歴史的経緯から来ているものだ。
近鉄線の狭軌路線は南大阪線・吉野線など、そして特殊狭軌は内部(うつべ)・八王子線が現在も営業中。さらに三重県桑名市の西桑名から いなべ市の阿下喜(あげき) へ伸びる北勢(ほくせい) 線があったが、地方ローカル線に共通する輸送量減少や施設・車両の老朽化で赤字が拡大していたことから、近鉄は同線の廃止を表明した。
これに対して沿線では鉄道の存続を模索し、その結果自治体が近鉄から鉄道用地等を買い取り、車両・施設は 三岐(さんぎ) 線を運営する三岐鉄道に無償譲渡という形で、ひとまず10年間は営業継続することになった。三岐線は近鉄富田~西藤原間 26kmを結ぶ 1,067mm軌間の路線で、現在も富田 (関西本線)~東藤原間にセメントおよびカルシウム・フライアッシュ輸送の貨物列車を走らせる希少な私鉄である。

クモハ272-サハ147-クハ172 三岐鉄道

クモハ272-サハ147-クハ172

  • 三岐鉄道北勢線 東員←穴太 2009-7
  • D700, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO200

2003年4月から三岐鉄道になった北勢線、その特徴は既存施設の保存延命ではなく可能な限りの近代化を進めていることにある。列車本数の増発あるいは見直しはもちろんのこと、とくに目立つのが駅の移転と集約で、集中管理式で自動券売機・自動改札を完備、駅前広場も作ってパークアンドライドの環境を整えた。地方ローカル私鉄としては異例のテコ入れ策といえよう。
車両も近鉄からの移管当初はすべて非冷房車だったが、可能なものから順次冷房化されている。ただし車体強度や重心などの問題から屋上搭載はできず、室内片隅に床置冷房機を設置した。そのほか運転速度を最高70km/hへ引き上げる準備も行われ (現状は45km/h)、レールもそれに耐えるためより重いものへ交換されている。
北勢線の電車は阿下喜方 (画面左側) に動力車を連結している。軌間が標準軌の約半分とあって、車両全体のサイズもかなり小さい。ビスタカーと比べると一目瞭然だろう。これが、さらに小さい2~3両のトレーラーをプッシュプルして走行する。かつては折り返し駅で動力車が先頭に立つよう、「機回し」を行っていた。

サ201ーサ101ーク202 三岐鉄道

サ201ーサ101ーク202

  • 三岐鉄道北勢線 東員→穴太 2009-7
  • D700, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO200

同線一番の変わり種といえる車両が200形。もとは三重交通モ4400形で、三重県下の鉄道網を統合した 同社が三重線 (現・近鉄湯の山線) むけに投入した。3車体連接、モーター軸を垂直方向に置く「垂直カルダン駆動」という珍しい機構を備えた、軽便としては画期的な電車であった。
その収容力を活かし三重線のエースとして活躍した同形だが、同線が近鉄線と直通のため標準軌化された後は北勢線へ移籍。特殊な駆動形式は保守に手を焼いたらしく、モーターを撤去して「客車」になってしまった。1977年に動力車モ270形(277) が阿下喜方に固定され、ボギー車1両+3車体連接というユニークな形となって現在に至る。まだ冷房化はされていないようだ。

三岐鉄道の「のりつぶし」に訪れたとき (2004年夏) 乗ったのが偶然にもこの200形だった。蒸し暑い夏の日、せめてもの涼を……ということか、「車内でご自由にお使いください」とうちわが備え付けられていたのが印象に残る。
別の機会に近鉄線で残る内部・八王子線にも乗ったのだが、その両線も車両・施設の老朽化が進行し、今後予断を許さなくなっている。なお同じように経営分離を発表していた伊賀線と養老線 (いずれも1,067mm) は、それぞれ伊賀鉄道、養老鉄道が第二種鉄道事業者として設立され、2007年に営業移管された。

この記事へのコメント

teru
2012年07月29日 17:20
こんにちは!、いよいよ夏休みシーズンですね、いかがお過ごしでしょうか。三岐鉄道・・・やはり貨物列車に興味を持つ私として一度は訪れてみたいものであります。
変遷があり、連接車も存在していたとは・・・あまり興味が無く知らないことばかりで勉強になります。
2012年07月30日 23:25
teruさん こんばんは。

三岐鉄道といえば、以前から貨物列車の走る鉄道として知られていた路線ですね。デッキ付きのEDの重連牽引など、次の機会には……と思うところ。
その鉄道がナローの経営改善に乗り出すのは意外にも思えましたが、もともと三岐線より北勢線の沿線が栄えていたそうで、立て直しの可能性はあると判断したのでしょう。現代の利用状況に合わせて駅を集約し冷房化・高速化も進めたり、と鉄道の再活性化はどうあるべきかについての一つの答といえます。
何にしてもそうなんですが、興味を持って調べてみると付帯していろいろわかってくることが多いなあと感じます。