風といっしょ

現在京阪神間随一の高速運転で多くの利用客を運ぶ新快速電車。1970年に京阪・阪急・阪神の各私鉄特急への対抗として運転を開始した。当初113系での運転は、1972年から新幹線の延伸開業で余った急行電車153系となり、ライトグレーの地色にスカイブルーの帯を締めて「ブルーライナー」の愛称がついた。当時は都市間の直行輸送に的を絞り、新幹線停車駅の新大阪や西明石 (姫路発着に限る) も通過するダイヤが組まれたほどである。

「ブルーライナー」は急行形車両をそのまま利用していたため、ラッシュ時の混雑や車両の老朽化といった問題を抱えていた。これを刷新すべく開発されたのが117系近郊形電車である。クリームの地色にマルーン (ぶどう色2号) の帯は、戦前の京阪神地区で急行運転を行い「流電」としてその名をはせたモハ52形 (1両が名古屋の「リニア・鉄道館」に展示) の塗色から取られている。
車体はデッキを廃し両開き2扉とする一方で、当時の近郊形としては破格ともいえるオール転換クロスシートを配置し、ライバルの私鉄特急に肩を並べた。ほぼ同時期に関東地区では転換クロスシート座席の185系「特急形」電車もデビューしており、なにかと比較されたものだ。
1980年から新快速「シティライナー」として走り出した117系は、1982年には名古屋地区にも投入され「東海ライナー」と名づけられた。当初6両編成だったが、列車増発のため先頭車を追加製造して4両編成化しており、増備車は窓を一段下降式に変更したため編成中かならず1両の窓形が異なる。

クハ117-23

クハ117-23

  • 飯田線 江島→東上 2010-11
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

かつて大動脈で風を切った117系も、性能や設備の面で現行の幹線運用には向かなくなってしまった。JR西日本では地方路線への転用が進んでいるし、JR東海でも運用範囲はかなり縮小され、大半の車両は昼間の運用がなく駅や基地に留置されている。新幹線で豊橋駅を通過するとき、昼寝する多数の117系を見るとすこしさびしい。
JR東海では313系の増備による国鉄時代の電車の淘汰が進み、湘南色で親しまれた113・115系はJR東海からすでに姿を消した。117系も119系とともに近い将来全廃されることが決定している。そんな中で2010年夏に1編成が「Train 117」へ改装、飯田線で全車指定の臨時快速〔そよ風トレイン117〕として運転を開始した。かつて飯田線ではトロッコ改造車を戦前生まれの電気機関車ED18またはEF58で牽引する〔トロッコファミリー号〕が走っていたが、老朽化などの理由で2006年を最後に中止されていた。同列車はその後継ともいえる。

モハ116-45

モハ116-45

  • 飯田線 江島→東上 2010-11
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

ドアが開きっぱなしに見えるが故障ではない。この車両は「ウィンディスペース」と名づけられた乗客むけのフリースペースで、車内は窓に向けて木製ベンチが配置されている。窓とドアを開けた車内で、風を存分に受けて楽しむことができるという趣向だ。ドア開口部には柵が固定されているので、当然ながらこの車両からの乗り降りはできない。この意匠は、前年に南海電鉄高野線で運転を開始した観光電車「天空」で使われたものと同じだが、閉まっているべきドアをわざと開け放つという発想には驚かされた。
現在は両先頭車の入れ替えと塗装変更が行われ、全車に雪を抱いた南アルプスのイラストが追加されている。

この記事へのコメント

2011年06月19日 18:44
こんばんわ

そよかぜトレインは
数少ない東海のジョイフルですね!
扉のところは格子がはめられているのでしょうか。
危ない気もしますが
北海道もトロッコとかありますしね。

質問なのですが編成ものがやってくるときは
特定の車両に狙いを定めて流すのでしょうか?
全部のサイドを欲張ってとりたくて
いつもSS最高にして撮ってしまいます(^^;
2011年06月21日 22:47
Anさん こんばんは。

ジョイフルトレインを早期に全廃してしまったJR東海としては、この手の車両はひさびさの再登場ですね。飯田線以外でも活躍しているようで、退潮続く同車の国鉄形で注目車両のひとつといえます。
扉のところはさすがに格子とガラス(orポリカ)はめ込みですね。今般JR東で整備した旧客も、安全面から扉を自動施錠できるように改造されています。

スローで流すスタイルは基本的に守りたいところなので、編成だと先頭車に加えて2~3両、撮りたい車両があればそれを狙うというのが基本でしょうか。速度が遅いなーとわかったときは、欲張ってできるだけ収めようとします。
このときも実際には全車に照準を合わせてみました…が、失敗することも大ありですので、一瞬の葛藤と取捨選択がいつも付きまとっています(笑)
teru
2011年06月22日 23:26
こんばんは!。
185系に117系、国鉄末期型としては、どちらかというと、どちらも変わり種?といった雰囲気でしたが、まだまだ現役、頑張ってますね。
特に身近なモーター音が好きですが、あのスカートが強化されてからは違和感を感じてしまい幻滅してしまう今日この頃でうす。
2011年06月25日 21:44
teruさん こんばんは。

ちょうど同じ時期に登場した117系と185系、どちらも独特の表情が特徴ですね。加えて、高らかにうなるモーターや抵抗器ブロアーといった音の面でも、すぐ判別できる車両といえます。
今ではかなり立ち位置の微妙な車両ではありますが、一日でも長く活躍してくれるこを願うものです。

この記事へのトラックバック