Snow Rabbit 2011

謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお付き合いください。
本2011年は卯年すなわちウサギの年。ウサギにまつわる車両や列車としては近鉄「ラビットカー」、あるいは宇都宮線の快速〔ラビット〕などが思いつくところか。智頭急行〔スーパーはくと〕 (はくと=白兎) もあるけれど、こちらは別の機会に取り上げたい。ちなみに、その名も白兎(しろうさぎ) 駅が山形鉄道に、また「卯」では予讃線卯之町(うのまち) 駅がある。



北越急行ほくほく線経由で金沢~越後湯沢間を結ぶ特急〔はくたか〕。1997年から運転を開始、現在はJR西日本と北越急行の681・683系により運転されている。
JR西日本の681系交直流電車は〔サンダーバード〕でおなじみだが、もともとスーパー特急方式で整備する予定だった北陸新幹線延伸部に向けたものだったという。新幹線はフル規格に格上げされたが、いっぽう上越新幹線から北陸方面へのアクセス時間短縮に、国鉄再建法で凍結された北越北線の整備が再スタート。そのメリットを最大限生かすための高速運転設備が整えられたことから高速特急車の681系が投入された。同線の運転速度160km/hはいまでも在来線最高タイ記録となっている。(もうひとつは成田スカイアクセス)

クロ681-2001

クロ681-2001

  • 北越急行ほくほく線 犀潟←くびき 2009-3
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

〔はくたか〕はJR西~北越~JR東の三社区間にまたがって走るため、相互直通運転の通例に従い北越急行でも特急車を保有する必要が生じた。(参考: 鉄道ファン2009年5月号p.48~56) 開発費用や保守整備の観点から共通設計の681系を製造することになったが、塗装については同社独自のものが採用された。
白地に赤・グレーの帯を巻き、ウサギが跳んでいるようなイメージの681系2000番台は "Snow Rabbit Express" と名づけられ、車体にもSREマークが貼付されている。おとなしい装いのJR西日本車、485系更新車3000番台を投入したJR東日本とくらべ目立つ存在で沿線での注目度も高く、「どの列車にSREが使われているのか?」との問合せが多かったそうで、同社は公式サイトで〔はくたか〕の運用情報を公開している。

クハ681-2001

クハ681-2001

  • 北陸本線 春江→丸岡 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO100

485系とは最高速度 (130km/h) や接客設備の差が大きく、同名なのに号数でグレードが違うとクレームもあったらしい。輸送好調もあって〔はくたか〕の本数は次第に増加し、JR西は〔サンダーバード〕へ683系投入で681系を〔はくたか〕に回すことで車両を統一、1往復のみ担当したJR東も2005年に485系を引き揚げた。不足する1本は北越急行が担当することになったが、すでに681系の製造は終了していたため683系をベースに8000番台として製造された。
683系の最高速度は130km/hだが160km/h運転も対応可能な設計であり、北越急行がそのオプションを本家より先に活用したことになる。具体的にはブレーキ装置の強化、保安装置ATS-Pの搭載、高速でトンネルに突入した際に生じる「耳ツン」緩和のため (ことに同線は単線トンネルのため対策無しでは問題が深刻) 気密構造を強化したこと、などがある。

クロ683-8001

クロ683-8001

  • 北陸本線 春江→丸岡 2010-3
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO250

編成全体で見る限り681系と683系の外見上の違いはそれほど見当たらない――ただし中身はそれぞれ鋼製、アルミ合金製と大きく違う――が、一番わかりやすい相違点は金沢方先頭グリーン車の先頭部デザインだろう。横からでも連結器露出の有無などで、両者の見分けがつけられる。

以前は基本6両+付属3両について北越・JR西それぞれ同形でペアを組んでいたが、現在では6両単独の列車も含め2社3種の車両は混用されており、結果〔はくたか〕の編成バリエーションは12種類に及ぶ。お目当ての車両や編成を確実に撮りたいなら、まずは公式サイトをチェックしておきたい。

この記事へのコメント

2011年01月01日 23:33
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、、、うさぎ年といえば、スノーラビットですよね♪私も、以前に撮ったものがあったはず、、、とアップ準備しているのですが、やっぱり先を越されてしまいました(笑)ビシッと決まったサイドビューを見てしまったら、アップを躊躇してしまいます(汗)
サンダーと同じ形式でも、この赤のラインでこっちの方が好きです。3セクですが、時速160km出せる特急ということでも、注目しています。
2011年01月02日 19:50
こんばんわ。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
側面写真についてのテク御教示も(笑)

1枚目のお写真が
白画用紙に描いた列車のようにうつり
とってもきれいです!
初日の出を拝ませていただいた気分です!

グリーン車は大きな窓なんですね!
北海道のグリーン車は1席につき
1つの窓を占領できるという変な優越感があります(^^;
2011年01月03日 02:02
さくらねこ さま
あけましておめでとうございます。

やはり年の初めはスタートダッシュが肝心(?)ということで、最速ウサギのスノーラビットをチョイスしました(笑) さくらねこさん視点のSREもお待ち申し上げております。
SREは第三セクター車両ながら最高速度160km/hという実力派、JR車にくらべると赤帯であざやかということもあって、今なお人気の高い車両といえますね。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
2011年01月03日 02:04
An さま
あけましておめでとうございます。
撮影テクというほどのものはございませんが、拙作でも何かの参考になれば幸いと存じます。新年早々よりご高評いただきまして、ありがとうございます。

グリーン車の窓割をどうするかは会社によって分かれてきましたね。JR西日本ではワイドタイプを好んで作っているようです。一列一枚も悪くないですが、このタイプだと窓の後側を選べば非常にひろい眺望を得られるのが利点。逆に前側だとなんか損した気にもなりますが…(笑)

それでは本年もどうぞよろしくお願いします。
2011年01月03日 23:36
明けましておめでとうございます。

今年の干支、「卯」に関する列車といえばスノーラビットの愛称を持つこの車両が一番に挙がりますね(笑)
私も昨年夏に遠征した際にこの列車を見ることが出来ましたが、「はくたか」といえばこの北越急行の681・683系が一番合っている気がしました。

今年も宮本さんの作品を拝見しながら勉強させて頂こうと思っています。それでは今年もよろしくお願い致します。
2011年01月04日 22:19
あけましておめでとうございます。

北越鉄道の「はくたか」といえばやはり注目されるのは160km/h運転ですよね。
在来線でのこのスピードは一度体験してみたいものです。
こちらでも青函トンネルの特例がありますが、こちらは140km/hなんですよね。
いずれ新幹線になってもトンネル内は安全面から140km/hに減速する案があるようですし…。

ではでは今年もよろしくお願いいたします。
2011年01月05日 22:29
特急北斗 さま
あけましておめでとうございます。

卯年ということでウサギにまつわる車両のひとつ、北越急行のスノーラビットを選んでみました。昨夏にこちらの車両をご覧になったとのこと、赤帯が車両の印象を引き締めて色々な景色にもよく似合っており、現在でも高い人気を保っているようです。
養老鉄道のラビットカー塗装車も近いうちに狙ってみたいなあ…と、相変わらず(笑)こんな感じでまいりますが、何かの参考にでもなれば幸いです。本年もよろしくお願いします。
2011年01月05日 22:31
加藤 勝 さま
あけましておめでとうございます。

〔はくたか〕の特徴といえば、在来線最高を誇る160km/h運転がまず挙げられますよね。私も何回か乗っていますが、実際のところあんまり実感がなくて(苦笑) というのも、160km/h運転できるのはほぼトンネル区間に限られているからですが、ここくびき駅から犀潟方にかけてしばらくは「高速進行」の現示も出る区間で、特急電車はいきおいよく視界に飛び込んできます。そのスピードとの勝負もまた楽し…かな(笑)
青函トンネルはこれにつづく140km/hですが、新幹線がどのように対処するかはすこし気になりますね。そもそも盛岡以北が260km/h制限で、E5系の性能を活かしきれないという問題もはらんでいるようで…。

こちらこそ本年もよろしくお願いします。
2011年01月05日 22:41
遅かれながらあけましておめでとうございます。

今年の干支とスノーラビットはぴったりですね。
今年ははくたかも飛躍する年になりましょうか?笑

JR系の車両では珍しいキャリパブレーキをもとから装備する681系と683系8000番台ですが、私はどちらかというと683系派です。非貫通流線型クロの先頭部デザインが681系よりシャープに見えるからでしょうか。683系8000番台は赤い塗装に、ヘッドライトもHID化されている点からよりかっこよく見えるんですよね。

一度は160km/h運転を体感してみたいものですね。

それでは最後になりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

2011年01月06日 23:55
785@NE-501 さま
あけましておめでとうございます。

卯年の幕開けにはやはりコレ、と最速のスノーラビットを選んでみました。大きくジャンプが続くいい年になるといいですね。
681系の特徴であるキャリパ式ブレーキ、ディスクが足元に光ってクモハ・モハのいいアクセントになりますね。私はどちらかというと、足元まで丸くまとまっている681系のほうが好みなんですが、683系8000番台のシャープなHID前照灯は魅力的に思えます。その性能をフルに生かした160km/h運転も、ぜひご体験ください。
こちらこそ本年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック