銀の道はるか

兵庫県の山中にある生野(いくの) 鉱山は銀の産出で遠く戦国時代から賑わい、明治時代には物資運搬のため鉱山と姫路を結ぶ高規格の道路が整備された。やがてその役目は播但(ばんたん) 鉄道―いまの播但線に取ってかわられ衰退したが、その歴史を振り返るべく「銀の馬車道」と呼んで沿道各所の観光整備が進められているという。播但線を走る車両にも「銀の馬車道」ラッピング車が走っている。
現在の播但線 (姫路~和田山) は途中の寺前まで電化区間で、ワインレッドの103系3500番台が走る。福知山線や姫新~因美線、伯備線などと並ぶ山陰連絡ルートのひとつだったが、鳥取へ一直線に向かう智頭急行の開業や播但連絡道路の開通によってその地位も低下し、寺前以北はローカル線と大して変わりがない。
そんな路線に最近撮影者が集まっているのは、国鉄形ディーゼル特急〔はまかぜ〕が同線を経由するから。もう間もなくの11月には新型車両キハ189系がデビューし、同時に国内最後のキハ181系定期運転が終了する。今年7~8月に県北部で余部橋梁が架け替えられたことも、注目度をいっそう高くさせた要因だろう。
沿線の好撮影ポイントには最後の雄姿を収めようとカメラが並び、地元の方々も見慣れないナンバーの自家用車が増えていることに驚いている様子。置き換え直前にかけてますます賑わうところだが、通行・駐車や撮影で周囲に迷惑をかけることのないように気をつけたい。

同線にはもうひとつ注目すべき存在がある。キハ41形……ってそんな車両あったっけ? と思われる方が多いかもしれないが、JR西日本独自の車両でキハ40系列キハ47形からの改造車。姫路~寺前間の電化と同時に運行系統が見直され、余りぎみの片運転台キハ47に運転台を増設 (画像右側) して単行運転を可能にした。全5両がキハ40とともに豊岡近辺を走っている。

キハ41 2002

キハ41 2002

  • 播但線 和田山←竹田 2010-10
  • D700, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO200

1980年代から国鉄は、列車増発のため形式を問わず多数の先頭車化改造を施工した。当時の工法は、あらかじめ作っておいた運転台ブロックを工場で溶接するというのが一般的だった。改造車もたいていオリジナルと同じ顔つきをしているので、車号などを見ないと判別は難しかった。
民営化後も同様の改造は続けられたが、JR西日本では工期簡略などから種車の構体を流用して運転台を組み込むようになったため、本来の顔とまったく異なる切妻タイプの「ゲテモノ顔」が多数発生した。もっとも衝撃的だったのはクモハ113-3800番台だが、本形式もなかなか不思議な顔つきになっている。こうして横から見る限り、なんの変哲もない車両にしか見えないのだが……。
現在の塗装は103系と同じく、ワインレッドの地色に黄緑をアクセントとして配する。こちらも塗装変更の対象になるはずだが、電車がどうなるのかは興味あるところ。

この記事へのコメント

2010年10月25日 23:12
こんばんは。
これは2つの顔を持つキハ41ですね。

一方はキハ40系列標準の顔つきながら、片方は切妻に一風変わった顔つき・・・・。
実車は見た事が無いのですが、キハ40系列において珍しいグループに入るのではないでしょうか。
今現在北海道では片運転台のキハ40系列は札沼線用のキハ48しか存在しないわけで、このような両運転台構造にするともなると大きな改造が必要になりますし、改造されるようなことも無いと思うのですが・・・・。笑

しかしこのサイドからの写真を見ると、キハ40とはまったく異なり、運転台改造側はキハ40の面影も無いわけではないですが、やはり別物という感じがします。

北海道で本来の顔と全く違う顔となった先頭車改造車といえばキハ183-100が私の頭に浮かび上がってきますが、どうでしょうか?
2010年10月27日 00:29
785@NE-501さん こんばんは。

車両需給の関係から、本来片運のキハ47を改造してできあがったキハ41。これが単行で走っていると、オリジナル顔はなんだか尻切れトンボな感じがしますし、改造面が先に来るとちょっと引いてしまいます(笑)

JR北海道で片運転台のキハは現在札沼線のキハ48くらいですね。ここではある程度の旅客輸送量があるので使われているわけですが、それだけに電化後の処遇が気になります。
北海道での両運化改造といえば、キハ53 500番台が思い出されますね。あれは廃車キハ27,56から運転台を持ってきたものですが、塗装を急行色から変えなかったので、キハ58系急行というと少なくても2~3両、と刷り込まれた頭にはすごく違和感を覚えたものです(笑)
もちろんキハ183-100も、オリジナルと全く違う先頭車として記憶に残ります。あえてオリジナルと同じ塗装でデビューさせた…という点でも(苦笑)
2010年10月27日 22:33
こんばんは。

キハ41の切妻側の顔はまるでキハ40系列の顔立ちとは違うもので何か違う形式か何かと思ってしまいますね。
逆にキハ40顔の側から撮るとキハ47が単行で走っている奇妙な姿にも見えてしまいますね(笑)

播但線も非電化区間は今となっては短いですが、まだまだ面白いところは沢山ありますね。
そして播但線の主役?でもある「はまかぜ」もいよいよキハ189系に変更となるわけですね。
先日時刻表を見て、11月7日からは「はまかぜ」にグリーン車は無しとの注意書きを見て若干寂しさを覚えました(苦笑)
2010年10月29日 00:22
キハ41は、キハ47の改造なのですね
銀の馬車道のラッピングの車両も、これなのでしょうか
そして、クモハ113 3800番台。。。これ!これ!以前豊岡駅で撮った車両がこれです。鉄道写真を意識していなかった頃の撮影なので、後から見て、変わった色あいで何の形式だろうと思っていました。
播但線はキハ181の引退前でにぎわっているようです。私ははまかぜは、向日町からの回送と大阪駅でしか撮ったことがないので、本来?の播但線非電化区間を行く姿を見ておきたいものです。カニカニはまかぜは年内キハ181ということなので、11月7日を過ぎてもチャンスはありそうですね。
2010年10月30日 01:37
特急北斗さん こんばんは。

切妻タイプの改造顔はJR西日本でいくつか存在するわけですが、とくにキハ41は1両の前後で顔つきが違う異色中の異色車であるところが、どちら側が前でも違和感を覚えてしまう原因でしょうね。
そして播但線の主役といえる〔はまかぜ〕は、まもなくの置き換えということで沿線もいっそう賑わっているようです。時刻表にある「グリーン車なし」の表記は、私にとってもなんだか寂しく見えました。
2010年10月30日 01:41
さくらねこさん こんばんは。

はい、キハ41は47からの改造車でして、「銀の馬車道」ラッピングもこの形式ですね。
こんな改造車が多いJR西日本ですが、1両の前後で顔つきが違うこの形式はかなり特殊な存在です。まあ顔のインパクトで見れば、断トツ一位はクモハ113-3800でしたが…噂には聞いていたものの、私も実際に見て軽いショックを受けたほどで(笑)
キハ181系〔はまかぜ〕はいよいよ大詰め。電化の幹線を飛ばす姿もいいですが、非電化区間での力強い音もまた魅力的です。〔かにカニはまかぜ〕の年内運転はキハ181系ということで、その機会を活かせるといいですね。

この記事へのトラックバック