みどりの風

今回の会津地区訪問で最も撮りたかったのは「ばす」とC57 180なので、それらを軸に移動スケジュールを立てていた。喜多方~会津若松間で会津若松ゆき〔ばんえつ―〕、そこから会津鉄道「お座トロ」を撮って喜多方に向かい、ふたたび〔ばんえつ―〕(新潟ゆき) という構え。
旅には携行版の小型時刻表を持って行く。最近はケータイで全国の駅時刻表を調べられるから、貨物を狙うのでない限りこれで十分だ。その本文前方にある黄色い臨時列車のページを何の気なしにめくっていると、なんとこの日は只見線でトロッコ列車「風っこ」が走っているではないか! こういう見落としが起きてしまうのは致し方ない所でもあるが、知った以上は撮りたくなってきた。

只見線は会津若松から上越線の小出 (新潟県) までを結ぶローカル路線。福島県側は只見川の流れに沿い、緑に覆われた静かな水面を何度も渡る。乗るにも撮るにも見どころが多く、魅力あふれるローカル線のひとつだ。越後山脈を越える只見~大白川間の「六十里越」が最大の難所で、全通は1971年と比較的最近のことになる。
過疎地を走る鉄道の輸送量はきわめて少なく、同線も特定地方交通線の指定を受け廃止されてもおかしくなかった。しかし只見付近、とくに六十里越は現在も並行国道が冬季通行止めとなるほどの豪雪地帯。このため代替交通不備として指定から除外され、JR線として現在も生きながらえている。
時刻表とカーナビ地図を見比べ、会津柳津 (やないづ) 近くなら間に合いそうだと考え山道をショートカット。柳津は学生時代に訪れたことがあり、そのとき線路のある場所も憶えていた。が、実際に着いてみるとどうも近すぎたり、線路が高すぎたり……通過時刻が迫ってくる中で車を往復させてみたが、やはりぶっつけ本番では厳しいか。しかたなく次の目的地へと頭を切り換えたそのとき、右手に適度な距離感! すぐに道路わきに車を停め、会津柳津を出発する列車を狙った。

キハ48 547-キハ48 1541

キハ48 547-キハ48 1541

  • 只見線 会津坂本←会津柳津 2010-8
  • D700, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO200

正式名称「びゅうコースター風っこ」は、キハ40系気動車を改造したJR東日本唯一のトロッコ車両。国鉄~JR初期の団体向け「ジョイフルトレイン (JT)」は、12系客車とキハ58系列が多数を占めてきたが、JT自体の縮小と車両老朽化によってその勢力は衰え、かわって同系や485系電車を種車にし、個人で気軽に乗れるJT・ご当地列車が増えてきた。
前頭部こそキハ40系のイメージを保っているが、側面の窓はすべて取り払われ、大きな開口部が設けられた。さらに座席下部までガラス張りのシースルーという超ワイドビュー。「風っこ」の名にふさわしく、緑を基調にした明るい塗装が爽快感を演出する。種車が寒冷地用の500番台で空気ばね台車を履いており、トロッコとしては破格の乗り心地といえる。
仙台のすこし北にある小牛田(こごた) を所属基地とする「風っこ」だが、毎週のように各地のローカル路線に出向いている。その範囲は東北地域だけでなく信州の小海線、関東では烏山線や久留里線、青梅線でも運転実績がある。最近では上越国境の清水トンネルとループ線を機関車牽引で走った。時期も夏だけにとどまらず、冬場は開口部にガラスを入れストーブも焚けるという。それでもやはり、同車が一番似合うのは緑の中だろう。

柳津には福満虚空蔵尊 (ふくまん・こくぞうそん) と称される円蔵寺が、只見川のすぐ近くに建っている。民芸品の赤ベコは、この建立時に人々が難儀していた時にどこからともなくあらわれた赤い牛が材木の運搬を手伝い、無事完成させた……という伝承によるものだ。

この記事へのコメント

2010年09月12日 21:02
こんばんわ。

こちらはヨン丸くんのお顔は残ってる
イベント列車なんですね。

こないだ八戸駅まで足をのばしたとき
きらきらみちのくに出会えました。
時間があったので撮りまくっていると
キハ48とありましたが・・・
あのお顔ではなくまったくの別人でした(苦笑)

室内もナイショではいってきましたが
運転室以外に面影なしで
あまりの生まれ変わりにびっくりしました(^^)
2010年09月14日 00:41
只見線はとっても景色がよく、行ってみたい路線ですけど本数が少なく、廃線になってもおかしくないのにがんばっているなーと思っていたのですが、そういう理由だったのですね。代替交通手段がない以上、鉄道としての使命で走り続けるのですね。
緑の中に溶け込むように走る風っこ、大きな窓がトロッコ風ですけど、キハ40の改造なのですね。
新しい車両かと思うほどの替わり具合ですね。485系はいろいろな改造車両がありますけど、全国各地の非電化区間をはしっている(いた)キハ40もこんな風に生まれ変わっているのですね。
2010年09月16日 23:55
Anさん こんばんは。

トロッコ列車「風っこ」、こちらの正面はヨンマルの顔が残っていますね。細かい点ではガラス押さえが白ゴムというのも見逃せません(笑)
そう、八戸でご覧になった「きらきら・みちのく」も、あれでキハ40系の仲間なんです(笑) 中間に挟まった運転台くらいしか、種車の面影は見当たりませんね。ほかに五能線「リゾートしらかみ」、陸羽東線「こがね」、お座敷「ふるさと」とキハ48をベースにしたリゾートトレインがJR東には目白押しです。
2010年09月16日 23:57
さくらねこさん こんばんは。

私が只見線を乗り通したのはもうずいぶん前になってしまいますが、ここを軸にして前後をつなげないと計画が成り立たない路線でした。で、実はその後さらに減便されてしまったのですが、只見からの山越え区間で冬季は唯一の足となり、いまでも頑張っています。
そんな路線ですが非常に景色の美しい路線のひとつで、最近ではローカル線の魅力を見直す動きから、このような臨時列車の設定も多くなっているようです。真岡鐵道からC11を借りての旧客運転もすっかり恒例になりました。

キハ40系も最近ではリゾート列車・ご当地列車にいろいろ改造・改装されていますね。485系同様、広範に配置され汎用性が高いところがポイントのようです。
2010年09月19日 08:46
おはようございます。

只見線は抜群のロケーションの良さで、私の憧れる路線ベスト3に入ります。
新緑や紅葉時の渓谷美、只見川を渡る橋梁のシーンは本当に素敵ですよね。

緑のラインが入ったキハ40系の車両が御馴染みの只見線には、このような大胆な改造キハ40も走っているんですね。
風っ子の名前にふさわしいカラーリングと大きな窓(本当にトロッコ仕様ですね)を吹き抜ける風は、爽やかなのだろうなぁとお写真を拝見して感じました。
背景の深緑と手前の青々した田んぼ、色々な緑のグラデーションの中を走る姿が本当に素敵です。
初めての訪問地で時刻に追われながら撮影地を探すのは、とても焦りますし、とりあえずここで撮影!というのが私の場合多いですけど(笑)、この背景はベストチョイスですね。
2010年09月19日 20:41
こんばんは。

お顔は元の姿を残しながら側面は大きく改造された風っ子、ここまでシースルーなったことで名前負けのしない、まさに風を体感できる車両に変貌しましたよね。

キハ48というと北海道では元々少数派なうえ使用線区も限られたことから、こうしてジョイフルトレインに改造された姿はちょっと新鮮に映ります。
もっともこちらでも急行仕様に改造されたキハ480という形式も登場しまたが、今ではロングシート化されて元の鞘に収まったような感じですし。
2010年09月20日 00:47
こんばんは。

「風っこ」は小牛田所属でありながら最近は各地へ引っ張りだこですね。鉄道関係のHPを見ると頻繁に臨時列車で走っていますし、先日もEF64 1001に引かれながら上越を走ったみたいなので非常に働き者だなぁと関心します。

東北はキハ48を改造したJTが多いですが、顔立ちが元の形を保っているのはこの「風っこ」か「ふるさと」くらいでしょうか。
他のJTは中間車扱いにされている他は大胆な改造を受けてキハ48系列とは思えない顔立ちに変貌しているイメージが強いです。
一方の車内は大胆な改造を受けてかなり見晴らしが良さそうです。外の風を受けることが出来ながら、只見線を満喫できるのは最高ですね。
2010年09月21日 01:31
またまたこんばんわ☆
今日はひとつ報告にあがりました
以前より考えていた鉄道写真の別館blogを試験的に始めてみました
数日使ってみて、2つのblogをやっていけそうだったら
本館blogでお披露目しようと思っています

「さくらねこのPHOTO散歩」別館『鉄道への想いをこめて』はこちら
http://sakuranekorailfan.blog118.fc2.com/
2010年09月24日 22:23
水無月さん こんばんは。

只見線は路線延長が長いうえに列車数が極端に少なく、乗り鉄・撮り鉄ともに苦労させられる路線です。しかし山越えや只見川沿いの車窓といった美しい車窓を楽しめ、その魅力を再認識してか臨時列車の設定も増えてきました。まあ、ふだんの列車数が極端に少なくなってしまった故、でもありますが…
同線は緑・黄緑ライン (東北地域本社色と呼ばれます)のキハ40・48がおなじみですが、「風っこ」の緑を基調にした色使いもまた爽やかに見えますね。

初めての場所に来て、しかも通過まで時間がないとなると気が急くところ。ここでも最後まで焦りながら探しまわり…って、フツーに撮るという選択肢はないのかと(苦笑) じつは画角も迷ってとりあえずの標準レンズを装着したら、たまたま2両編成がきっちり入ってくれました。そんな写真ですが、お褒めもいただきありがとうございます。ひとくちに緑といってもいろんな表情があるものですね。
2010年09月24日 22:26
加藤さん こんばんは。

キハ40系は他系列とすぐ区別できる特徴のある顔を持っていますが、その顔を残しつつ側面と内装を大胆に切り取ったのが、この「風っこ」。まさに全身で風を感じられるトロッコ列車として、各地を回って大活躍しています。
全国各地に広がるキハ40系、なかでも北海道は普通列車といえばコレ、な感じです。しかし他系列も含めて両運車のほうが圧倒的に多く、キハ48形など片運車となると現在では札沼線でしか見られないですね。中間車を多数抱える特急形との対比が面白いところです。
2010年09月24日 22:28
特急北斗さん こんばんは。

トロッコ列車「風っこ」は各地から引く手あまたですね。小回りのきくDCの特性を活かし、毎週のように各地の路線へ出張していますから、ある意味East i-Dなみの働き者・人気者かもしれません(笑)
キハ48といえば、「リゾートしらかみ」にはじまるJR東日本 各種リゾートトレインの種車として使われていますが、大胆すぎるほどの改造を受けているのが特徴で、中間にはさまった運転台だけが種車をしのばせてくれます。元祖の「リゾートしらかみ」だけは、2+2両だったころの冬季運行では編成を分割し、オリジナルの顔も出して運行していましたね。
2010年09月24日 22:29
さくらねこさん こんばんは。

鉄道専用ブログいよいよ開設ですね。
本館ともどもさくらねこさんならではの視点、大胆なアングルも楽しみにしております。

この記事へのトラックバック