桜前線・けむり前線

列島を縦断する桜前線と歩調を合わせるように、58654牽引〔SL人吉〕から〔SLやまぐち〕 (C57 1入場中につきC56 160が代走)、C58 363 〔パレオエクスプレス〕にC57 180 〔SLばんえつ物語〕と、各地の保存蒸機が今シーズンも営業運転を開始した。鉄道の駅や沿線には桜の木が植えられている場所も多く、この時期は淡い色調が黒い機関車を引き立ててくれるから、各ポイントは撮影者でいっそう賑わっている。
4月はじめの週末、真岡鐵道〔SLもおか〕の撮影に出かけた。上り〔北斗星〕に EF81 95 (レインボー機) が充当されたこともあって、深夜に出発し矢板付近から撮影開始。ついでにと烏山線へ寄って、桜並木と菜の花という春には絶好の光景で知られる北真岡駅付近に着けば、近隣の農道はすでに車の列、そしてポイントにはカメラを構えた人々がずらり! 予想どおり、いやそれ以上の盛況ぶりだった。下は黄色いじゅうたんになっているところもあるけれど、後ろに並ぶ桜の開花は残念ながらまだ早かった。翌週にはきれいに開くだろう。

真岡鐵道 (鐵が旧字体だがこれが正式な社名) 真岡(もおか) 線は、国鉄の特定地方交通線だった真岡(もうか) 線を第三セクター会社が引継ぎ1988年に開業。下館~茂木(もてぎ) 間42km、途中には焼物でも有名な益子(ましこ) があり、モータースポーツファンならおなじみ「ツインリンクもてぎ」は終点のすこし先だ。
列車運行はいわゆるレールバスによるが、1994年に福島県で静態保存されていたC12 66号機を動態復活させ、〔SLもおか〕として運転を開始。1999年にはNHK連続テレビ小説「すずらん」に登場し、JR北海道がSL運転を再復活させるきっかけとなった。
1998年には新潟県に保存されていたC11 325号機も加わり、現在はSL2機体制。客車は50系3両 (色を除けばほぼオリジナルの姿)、補機・回送用にDE10形も在籍し、この規模の鉄道としては運行体制が非常に充実している。ほぼ年間にわたってSLが運行されているのはここと大井川鐵道くらいで、四季折々の姿を見せてくれる。通常はどちらか1両の登板だが、年に数回は両機の重連運転となって人気が非常に高い。きょうはその1日だった。
定番構図はさすがの大混雑と見えたが、アングルによってはまだまだ入る余地はありそう。けれどちょっといたずら心が働いて、後方から抜いてみることにした。もちろん正当な(?) 理由もあって、それはこのあと「本命」の場所で撮影することを考え、通過後すぐに動ける位置にいたかったからだ。

C11 325ーC12 66

C11 325ーC12 66

  • 真岡鐵道 西田井←北真岡 2010-4
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO400

下りの先頭に立ったC11 325号機は、全国で5両が動態保存 (JR北海道と大井川鐵道にそれぞれ2両)。小型で扱いやすく、逆向運転もお手のものとあってすっかり保存蒸機の代表的存在になった。真岡線では終点の茂木にターンテーブルが整備されているので、往復とも前向での運転となる。またJR東日本では自社保有のD51・C57が入れないローカル線でのSL運転に同機をよく借りており、このため同機は地方鉄道在籍ながら行動範囲がとても広いのも特徴である。
続くC12は「簡易線」とよばれる線路規格の低いローカル線向けに製造された小型機関車。大井川にも1両在籍するが諸事情で運転休止となっており、現在は同機が唯一の稼働機となる。C11とくらべても小型のボイラや動輪、デフレクタ (除煙板) のないシンプルな姿だが、平坦な区間だったら思いのほか軽快に飛ばしていくもので、あらためて機関車の力を認識させられる。

この記事へのコメント

2010年04月10日 21:25
こんばんは。
真岡鐵道の重連運転、色々なサイトで見ましたが菜の花が満開とあって、沿線はすごい人(撮り鉄)で賑わっていましたね。乗車の方はどうなのでしょう?自分も乗らずに撮ってばかりで、気が引けるのですが・・・。
三セク鉄道ながらほぼ年間を通して蒸気機関車を走らせているのは、すごいなぁと思います。

C12は同じC型でもサイドビューで見ると、C11との違いがよくわかりますね。
今週末はいよいよ桜も満開なのでしょうか。
2010年04月11日 09:52
おはようございます。
真岡鐵道の 「SLもおか号」 は去年の夏に見ましたが、重連運転はすごいですね。
ほんとにたくさんのカメラが並んで…。
菜の花も綺麗ですし…。
水無月さんのおっしゃるように、C11とC12の違いがよくわかります。

去年の夏に益子駅前の観光案内所で、どこで撮ったらいいか伺ったとき、「春なら真岡の近くで桜と一緒に撮れますよ」 と言われました。
春には行けないです… (笑)。
2010年04月12日 21:45
水無月さん こんばんは。

SL2両にDLという、昔ながらの鉄道の姿も残している真岡鐵道は三セクながら頑張ってくれていますね。本州以南では迫力の増す冬場に蒸機運転をしてくれる箇所が少なく、その意味でも貴重な存在です。まれに雪景色になることもあるんですよ。
真岡では年に何回か重連を行っているのですが、やはり桜の時期と重なる春の運転が一番注目を集めるようです。もちろん、乗車の方も盛況でした。

翌週には予想通り満開の桜の下、薄曇り(逆光サイドなのです)の下でC12がよい感じの煙を上げて……ってまた行ってるんですか(笑) こんどは私も列車(帰りはバス)で収入貢献?しております。
2010年04月12日 21:50
静さん こんばんは。

C11とC12、おなじタンクロコながらサイズはじめ各所に見られる違いを感じていただけたでしょうか。昨夏静さんが訪れられたときはC12でしたね。通常はC11と交替で牽引に当たっています。
この北真岡駅付近は以前から桜並木の下にあることで知られていましたが、菜の花との取り合わせも有名になってきて、さらに年に数度の重連ということで、沿線は大勢の撮影者で賑わいました。鉄子さんと思わしき方も見えましたね。
趣味にどっぷりつかっている誰かさん(笑)ならともかく、訪問の時期を良い季節と合わせるのは難しいところですね。とはいえ次回は、ぜひとも春の景色とともにご覧いただければと思います。
2010年04月13日 01:14
こんばんは。

素敵なシーンですね(^^。真岡も秩父も1年の中でもっとも良い季節ではないでしょうか。特に真岡の50系客車は良かった思い出があります。石炭ももらったり。また、是非訪問したい気持ちになりました。(ところでカーナビ導入しましたよ!といってもなかなか使う機会が無い(^^;)
2010年04月14日 10:57
こんにちは。

真岡鐡道のSL重連もかなり見物ですね。こうして横から見るとC11とC12の大きさの違いが一目瞭然です。
C12はデフレクタがないだけではなく、車両自体も小柄なのですね。
また、周りに集う撮り鉄の多さにもその人気の高さを窺い知ることがことができますね。

こちらもSL重連と言えば「SL冬の湿原号」のみとなっていますが、こちらの迫力にも感銘を受けて、昨年から撮影に出向いている次第です。
以前もあったように、「SLニセコ号」でもまた重連で走る姿を見ることが出来ればまた面白そうです。
2010年04月15日 21:12
こんばんは。
SL2機体制、ってそういう形になることもあるんですね。以前SLを見たときはそういうところにまで気が回らず、ただただ、すごいなぁ…としか(^-^;
本当、いつも勉強になります。
菜の花の黄色、とってもきれいですね。
お花の前にもたくさんの人がいて、改めてSL人気はすごいんだなって感じました。

2010年04月15日 23:22
teruさん こんばんは。

定番アングルでがっちり撮るのもいいんですが、こうして一歩下がって撮ってみるのもまた雰囲気かなと思います。まあ根がアレなものでね(苦笑)
50系は色以外はほとんど当時のままで、冷房もないですからね。以前乗りましたが夏は暑い(笑) 近々全検とかで、赤塗装にしてDEに引っ張ってもらえば面白いかなあ…と思ったりします。
2010年04月15日 23:28
特急北斗さん こんばんは。

特急北斗さんもSL重連に感銘を受けたとのこと、次の冬も楽しみですね。「冬の湿原号」重連は私もいちどこの目で見てみたいと思っているのですが、まずは真岡の重連で欲求を満たしてみることにしました(笑)
こうして重連になっていると両形式の大きさの差がよくわかるというもの、皆様に納得もいただけて嬉しいところです。
ところでC56はこのC12から派生した形式だそうで、つまりC11のほうがC56より出力が大きいという事実は興味深いところでもあります。
2010年04月15日 23:31
スウさん こんばんは。

いえいえ、参考にしていただけるだけでありがたいことです。私自身も自分で調べていろんな発見ができますね。

この日は菜の花がきれいに咲いて、年数回の重連運転ということもあって、かなりの人出がありました (見えているのはほんの一部分です)。桜の花が開いていればなおよかったんですが、これは自然のことなのでどうにもしがたいところですね。翌週また行っちゃいましたが(笑)、こんどは両方きれいに咲いてくれました。
SL2機を運用しているのは地方私鉄としても珍しく、また一年を通していろんな表情を見せてくれる、それで東京からも沿う遠くないと、なかなか魅力的な路線ですね。別の季節にも訪れてみたいと思います。

この記事へのトラックバック