消エル特急

JR駅に特急が到着するとき、「トクベツキューコーレッシャ」とアナウンスされた経験をお持ちの方も多いと思う。特急の正式名称は特別急行(列車) で、JRの旅客取扱規定上は急行列車に位置づけられる。
戦後~1960年代までは1日1~数本というそれこそ特別な存在であったのだが、新幹線とともに特急網が整備される過程で、幹線はしだいに「特急街道」になっていく。国鉄は1972年、特別急行の中で多本数が設定され、始発駅を決まった時分に発車し、自由席を設けた列車に「エル特急」という種別を設定した。当初は東北常磐方面〔ひばり〕〔ひたち〕、上信越方面〔とき〕〔あさま〕、房総方面〔わかしお〕〔さざなみ〕そして山陽九州方面〔つばめ〕〔はと〕〔しおじ〕だった。
「エル」の意味は、特に無いことになっている。一説では特別急行の英語記 limited express から取ったものとされるが、それだと「特別特急」と正反対の意味になってしまうのでは……。

1978年に特急電車の愛称表示器がイラスト入りの「トレインマーク」に変更され、このときエル特急は原則左上に「L」をかたどったシンボルマークも入れられた。デザインとしては中庸な「電気釜」も、愛称表示がカラフルなマークとなれば写真映りもがぜん良くなるというもので、ブルトレに始まった1980年代鉄道ブームを盛り立てた。ボンネット形は従来通りの文字のみだったが、後にデザインを流用してイラストマークとなった。
急行列車格上げや増発、新幹線延伸に伴う特急網再編のなかでエル特急の仲間は次第に増え、国鉄末期には北海道から四国・南九州まで、特急が走る路線の大半にエル特急が走っていた。かつて急行が担った役割が、エル特急に変わったということだ。

クロハ183-803

クロハ183-803

  • 福知山線 三田→道場 2008-1
  • D200, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO100

民営化後、Lマークの扱いは会社によって異なった。新車などに別名称 (スーパー○○など) をつけるとき、JR東日本ではエル特急に該当すればLをつけていったし、逆にJR西日本ではすべて特急とした。だからおなじ683・681系でも〔サンダーバード〕←〔スーパー雷鳥(サンダーバード)〕は特急、〔しらさぎ〕は (JR東海乗り入れにも絡んで) エル特急のままなのである。
福知山を結節点に京都・大阪から城崎・天橋立へ向かう特急群「ビッグXネットワーク」の中で、唯一エル特急なのが〔北近畿〕。これは同列車だけが国鉄時代に登場したエル特急だったからだ。1986年に福知山線の全線電化が完成し、485系電車で運転開始。それまで〔くろしお〕として走っていた車両が投入され、車両は後に交流機器を撤去して183系800番台に変身した。最近では〔雷鳥〕の減便で余った車両が183系となり、窓下の細線がない完全な国鉄特急色で走り出した。こちらも新車 (287系) 導入が予定される中、再び注目を集めている。

クロ481-2101

クロ481-2101

  • 北陸本線 丸岡←芦原温泉 2007-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

国鉄末期には特急の自由席設定も当たり前になって、Lマークの立ち位置はJR発足からすでに揺らいでいた。惰性で使われてきた呼び名ともいえるが、意外にも最初に手をつけたのはJR東日本。同社は2002年12月、自社内すべてのエル特急と「新特急」を特急に吸収した。つづいてJR九州が2008年夏ごろからエル特急の呼称を取りやめ、そしてJR西日本でも今般、他社乗り入れを除くエル特急を特急に変更することになった。
これまで北陸を代表してきた特急〔雷鳥〕はエル特急としての歴史も長く、イラストマーク設定からまったく同じ図柄、そして国鉄特急色の伝統を守り通した列車だった。それが今改正後は1往復まで激減、実態としてもエル特急でなくなってしまうことに、一抹の寂しさを感じずにはいられない。

この記事へのコメント

2010年03月13日 01:24
こんばんは。

L特急は全国的に見ても本数は多くても種類が少なくなりましたよね。
北海道にも「スーパーカムイ」と「すずらん」がいますが、これでも平成19年のダイヤ改正で3つから減った結果ですね。それに加え東日本は特急のみの種別ですね。
その反面、九州はL特急が多いですね。

お写真はとても注目を集めている「北近畿」と「雷鳥」ですね。
今はどうしても「雷鳥」にギャラリーの目がいきがちですが、やはり287系による置き換えが発表されている「北近畿」もかなり注目な存在ですよね。
最近では京都の485系が転属改造されて183系となり「北近畿」に充当されていますよね。
BB編成はしっかりとした国鉄色を纏っているので、大きな変化がないうちにこの2列車は撮り納めておきたいです。
2010年03月15日 23:36
またも、ニギヤカなダイヤ改正前後でしたね。マスコミネタになっているのも、なんだかなぁと思う今日この頃。
そんなダイヤ改正の中で、相変らずJR西の国鉄型が十分残ってますね。いろいろ予算や保守や難しいところがあると思います。
2010年03月16日 21:16
とうとう「雷鳥」が1往復になってしまいました(涙)毎日元気に飛び回っていた「雷鳥」たちは、今向日町で並んで休んでいます。今年に入ってどんどんガラガラになっていった向日町操は、今国鉄色でいっぱい♪車窓からの眺めは見ごたえがあります。でも、やっぱり走ってこそ特急ですよね。活躍の場がまたあるといいのですけど。

元雷鳥の北近畿、今回の改正で消えるとの記事を読みましたが、現実はどうなってるのかなぁ。
2010年03月19日 21:50
特急北斗さん こんばんは。

昔は〔ひばり〕や〔とき〕そして〔雷鳥〕といったエル特急も華々しく輝いていたように思えます。「特別」な格ではありませんが、どれも長編成でグリーン車食堂車つきは当たり前でしたから……
そんなエル特急も全国が特急だらけの中で最近はあまり意味をなさなくなり、減少傾向にあります。そんな中で北海道はエル特急と特急の区分が国鉄時代と同様で、棲み分けが機能的にできているところですね。
それにしても〔北近畿〕などの183系、もと交直流485系というだけでも変わり種だったわけですが、正直この時期に追加改造されるとは思ってもいませんでした(笑) 純正な国鉄色として最後の砦になりそうですね。
2010年03月19日 21:52
teruさん こんばんは。

最近いろいろ取り上げられる鉄道趣味ですが、そんなことがネタになるのもまた当代らしいのかもしれません。もちろんルールとマナーはきちんと守らねばならないのですが。
それにしても〔雷鳥〕の485系が、ここに来て〔北近畿〕などで再起動するというのも不思議なところです。新車導入が決まっているのですが……
2010年03月19日 21:53
さくらねこさん こんばんは。

かつて国鉄特急の代表とも言えたエル特急〔雷鳥〕、ここまで一気に減ってしまうと凋落という言葉を当てざるを得ません。いま京都所には減便で余ってしまった485系がたくさん停まっているのですね。すぐになくなるのではないと思いますが、やはり走っていてこその特急ですから、イベントなどに期待したいところです。
〔北近畿〕むけ改造車には私も驚きました。この時期にわざわざ改造転属させるからにはもうしばらく使おうというのでしょうが、それでもそう長くはなさそうだから、国鉄特急最後の姿(になるかもしれない)を収めておきたいものです。
2010年03月21日 18:00
こんばんは。

これもまた時代の流れと言いましょうか、L特急という名称もあまり聞かなくなりましたね。
こちら北海道では「いしかり」から始まり、今でも「スーパーカムイ」や「すずらん」でL特急が健在ですが、私もそこにはあまり気にしていなかったりして…(苦笑)。
そういえば781系が健在で「ライラック」だった頃も白地のマークになってからは「L」マークがなくなっていました。
デフオルメされたラブリーな(笑)「L」マークもなんだか懐かしいです。
2010年03月25日 19:44
加藤さん こんばんは。

北海道の特急群とエル特急〔スーパーカムイ〕〔すずらん〕の相違は、エル特急設立当初の意味を守っている例と言えますね。しかし以前の〔ライラック〕などはともかく、〔すずらん〕がエルというのはいまだになじめません(笑)
そんなエル特急の数も次第に減っていますね。時代の変化に見合わなくなった名称ではありますが、伝統だった「L」マークとも見られなくなるのは淋しいところです。
そういえば現行のエル特急に「L」マークは見られず、逆にもとエル特急の〔雷鳥〕はそのまま走っているようです。先もそれほど長くないという事情もありそうですが、複雑なところで。

この記事へのトラックバック