月下のセレナーデ

583系特急形電車。昼行と夜行両方の設備を背負い、国鉄の主要電化路線を走り続けた系列もまた、去り行く国鉄形として注目される存在。いまではそれ自体も貴重な夜行急行〔きたぐに〕を最後の定期運用とし、老体に鞭打って全力走行を続けている。

581・583系列を「月光形」と称するのは、そのデビューが寝台特急〔月光〕だったことに由来する。もともと東京~大阪間に〔銀河〕などと並んで走った寝台急行列車で、東海道新幹線開業後の1967年から新大阪~博多間に世界初の電車 (動力分散式) 寝台特急として登場したものだ。
1958年の電車特急〔こだま〕登場は「こだまのように行ってすぐ帰ってくる画期的な特急」と評価されたが、その本質は「車両が」東京~大阪間を一日で往復できることにあった。581系はそれをさらに推し進め、昼間に行った道を夜に戻ってくるので夜間の滞泊スペースが不要、という点でさらに画期的な車両といえた。
その塗装からも新幹線からの連絡特急という使命を帯びていた581系と〔月光〕は、山陽新幹線の岡山開業で区間を岡山~博多・西鹿児島間にスライドし、1975年の博多開業と同時に廃止された。1往復の運転区間である岡山~博多間は約450kmで、これは現在ブルトレ最短ランナーである〔北陸〕よりも短い。
私にとってはじめての寝台列車は、福岡から四国へ向かうため乗ったこの上り〔月光1号〕だったらしい。博多駅発が23:45で、深夜の駅に着いたのをぼんやりと憶えている。そのあと東北線〔ゆうづる〕〔はくつる〕と続き、「ブルトレ」客車寝台の経験はずっとあとになった。

クハネ581-22

クハネ581-22

  • 東海道本線 野洲←篠原 2009-7
  • D700, Nikkor 105mm F2.5, ISO400

ボンネットスタイルを撤廃したクハネ581は短い鼻先から客室部へ高い屋根が続く。ボンネット内に置いてあったMG (電動発電機) とCP (空気圧縮機) は、運転台後ろの機器室に移動した。
B寝台は当時の客車と同じく三段だが、進行方向に寝る構造で、寝台幅は70cm。「走るホテル」と絶賛された20系でも寝台は52cmで、これはふつうの人が寝るだけでベッドがいっぱいになる幅。下段寝台は昼間の座席を兼用することからA寝台並みの106cmで、親子でも余裕 (寝台券は1人分で おとな+こども または こども2人の就寝が可能)。窓も独占できることを考えれば中上段との差は値段 (差額1,050円) 以上といえる。

モハネ582-101

モハネ582-101

  • 山陽本線 魚住←大久保 2009-4
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

モハネ582は485系の「走る変電所」モハ484に相当し、床下や屋上にその設計の共通性を見て取れる。パンタ部は機器配置の都合で大きく屋根をえぐり取っており、天井の低さから上段寝台が設置されない。中段の頭上空間はいくぶん広く、それで寝台料金はほかの中上段と同じなので、「パン下(した)中段」と呼ばれ通好みの寝台となった。〔きたぐに〕では通常8号車の6区画しかなく、競争率は今なお高いようだ。

583系の昼行特急は、急行とおなじボックスシートが敬遠される傾向だったという。ボックスのシートピッチは1,970mmとゆとりある配置だが、個人志向の高まりとともに向かい合わせ座席は好まれなくなったようだ。また主力の寝台列車も1970年代後半から衰退の一途をたどり、車齢に対する走行距離が長いこと、寝台客車の2段化が進むにつれ見劣りしてきた3段寝台で、改造も難しい同系が淘汰の対象となった。西日本の寝台特急からは1984年に撤退、JR東日本で残ったものも1994年に最後の〔はくつる〕が24系化され消滅した。

クハ419-4

クハ419-4

  • 北陸本線 春江←丸岡 2009-2
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO400

581系の余剰車は地方電化路線のサービス向上に振り向けられた。当時は電化区間でも普通列車は気動車や客車が依然残っており、冷房化も遅れていた。しかし巨額の赤字を抱える国鉄に地方用電車の新製はままならず、同様に余っていた急行形を転用したり、果てはこの581系を近郊化改造して715・419系という車両を作らざるを得なかった。
車体は種車を活用しドアを増設、一部を残してボックスシートや洗面所を撤去しロングシートを配置。窓の開閉ができるユニットをはめ込んだ「田」の字型の小さな窓も特徴である。
車端2扉しかも狭い折戸ドアという車両は、地方でもラッシュには明らかに不向きな形態だった。せめて増設ドアだけでも、もっと広くできなかったものか。国鉄もこの転用は失敗だったと認識したか、このあと急行形の改造車は車体を新製した413・717系となっている。
九州と東北の715系は1998年までに消滅しており、現在は北陸本線向けの419系が福井・富山近辺に残る。521系の増備と北陸新幹線開業に伴う経営分離も視野にあり、こちらも今後の危ぶまれる車両といえる。

この記事へのコメント

2010年02月07日 23:51
こんばんわ☆「きたぐに」登場ですね!
「月光」としては、門司の鉄博に保存されているのをみました。あの色が一番似合いますね。でも40年を越える年月走り続けている583系、夜行としての定期列車は「きたぐに」だけですし、がんばって走り続けてほしいです。便利な時間帯に走っていて、大糸線や新潟行きに大切な列車かと。。。
ところで、、、また宮本さんとかぶってます(笑)今回のエントリー筒石駅、あわせて419系食パン列車なのです。
2010年02月08日 11:49
こんにちは。

この583系に関しては去年の夏に「きたぐに」や臨時列車等で何度か撮ることや乗ることの出来た車両です。
風前の灯ともなった急行列車の一翼を担っているのが この583系で、堂々と長い編成で走る姿には貫禄が感じられます。
「月光」を始めとする寝台特急等で九州入りもしていた583系も、今では定期一本までの減少し少なからず寂しさを覚えます。

また、改造されて生まれ変わった車両も 残すところ419系のみとなり、更に521系の増備によってこの先が危ぶまれている状態というのも時代の波をとても感じてしまう昨今となりましたね。
2010年02月09日 19:38
こんばんは。

583系も定期で走るのはすでに「きたぐに」だけとなってしまいましたね。
電車寝台というカテゴリも「きたぐに」しか該当する列車がないのは寂しいものです。
私が子供の頃、北海道には客車の3段寝台しかなく、出入り口の表記も「★」で、2段寝台の「★★★」はもちろん、電車寝台の「★★」に憧れたものでした。
撮ったことはあれど未だ乗ったことがない583系、一度は乗っておきたいと思っています。

また、国鉄末期に419系が登場したときは特急形電車がこんな姿になってしまうとは…と、ずいぶんと驚いたものですが、その419系も今では絶滅危惧車なんてすよね。
2010年02月10日 20:39
さくらねこさん こんばんは。

お待ちかね?〔きたぐに〕登場です(笑) 私も九州鉄道記念館で〔月光〕を見てきました。やはりあの色は安心して見ていられますね。扉増設の部分は(外だけでも)もとに戻してくれればなお良いのですが。
関西と北陸・新潟を結ぶ貴重な列車と583系、一日でも長く走り続けてほしいですね。関西では〔きたぐに〕と臨時列車でよく見られますが、東京では秋田・仙台の国鉄色583系がときどき訪れ、機会を見つけては撮りに行っています。

419系もその面影を残す貴重な車両ですね。その「食パン」で筒石へ行かれたとのこと、私もとても気になっている駅のひとつです。
2010年02月10日 20:41
特急北斗さん こんばんは。

昨夏に〔きたぐに〕や臨時などの撮影や乗車をされてきたのですね。485系とならんで国鉄特急を支えた583系、それが10両という堂々たる姿で走っていることには感慨を覚えます。
そんな寝台電車を改造した驚愕の715・419系も残るは北陸のみ、今後521系の増備や新幹線とからんで先が読めないですね。これから進むと思われる「青色化」はこの系列も対象になってしまうのか、というところも…。
2010年02月10日 20:47
加藤さん こんばんは。

そうそう、電車寝台は★★でしたね。時刻表でもこのマークが、むしろ★★★より誇らしげに見えたものです。そんな月光形も残り1往復となってしまいましたが、いまのところ定期運行が継続されそうですので、ぜひ機会を作られてご乗車してみてはいかがでしょうか。下段はほんとうに広いんです(笑)

そんな寝台電車を普通電車化するという前代未聞の改造で登場した715系、当時のRF誌車両ガイドやRJの乗車ルポを読んで衝撃を受けました。考えてみればそのときからもう25年も経っているわけで、いつ無くなってもおかしくない状況になりつつあります。
2010年02月11日 00:11
こんばんは、ちょうど、先週の向日町付近の車窓から、『きたぐに』編成を沢山見てまいりました。かなり劣化が見受けられました。
『白虎』乗車が懐かしかったり、思えば、臨時『はくつる』2回に、『きたぐに』の乗車経験があります。中段寝台に潜り込む時のアクロバティックな姿勢は、良き思い出です。
2010年02月12日 23:42
teruさん こんばんは。

向日町(京都総)にはたいてい583系きたぐに色が数本停まってますね。厳しい気候なので傷みもやむを得ないかと思いますが、一日でも長く走ってほしい貴重品です。
〔白虎〕もありましたね。いまは〔あいづライナー〕として時々登板しているようで、磐梯山の麓を走る姿も収めたいところ。また貴重な電車三段、上段も一度くらいは体験してもいいかな…なんて思います。二度はごめんでしょうが(笑)

この記事へのトラックバック

  • 筒石駅は地底の駅

    Excerpt: 暗いトンネルの中 風圧とともに ヘッドライトの光が近づいてきます 筒石駅は地底の駅、トンネル内に造られた駅なのです *JR北陸本線筒石駅/新潟県糸魚川市 2010.1 ☆CANON.. Weblog: さくらねこのPHOTO散歩 racked: 2010-02-07 23:54