TETSUJIN DASH!!

泉州沖に1994年開港した国内初の海上空港、関西国際空港。成田と同じくハネだハブかマングースといろいろ取り沙汰されている同港も、24時間貨客運用可能な (これも国内初) 国際空港 "KIX" として当時は注目を浴びたものだ。また空港アクセスとして鉄道も一体整備されており、先立って開業した成田同様、それまで単にライバルと見られていた鉄道と航空の関係が見直されるきっかけにもなった。
関西空港への鉄道アクセスは、JR西日本と南海電気鉄道が担当している。JR西日本は特急〔はるか〕と関空快速、南海は特急〔ラピート〕 (rapi:t) と空港急行。りんくうタウン~関西空港間の複線を両社で共用しているのが特徴だが、線路は別の会社が保有する「二社乗り入れ」形式で、軌間・電化形式も同じためだ。
それまでも南海本線では、なんば~和歌山市・和歌山港間の特急電車に指定席車両を連結、愛称〔サザン〕として着席サービスを行ってきた。関空には本格的な空港連絡特急として新たに50000系電車を新製投入、なんば~関空間を最短34分で結んでいる。

クハ281-7

クハ281-7

  • 東海道本線 長岡京→山崎 2009-6
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO800

2つの関空特急を比べると、〔はるか〕は柔、〔ラピート〕は剛といえる。
〔はるか〕の281系はシンボルマークにもある通り、国際的な観光地でもある古都 "KYOTO" を強くイメージしたものだ。ベースの白は和紙、客室窓の脇に並ぶブロックパターンは障子格子、切り込むラインは竹林といったところだろうか。首都 "TOKYO" とのつながりも意識させる N'EX との違いも見えて興味深い。
対する南海50000系は、鈍い光沢を放つブルーマイカの塗装。航空機ないし客船を思わせる楕円形の客室窓も鉄道車両として異色の要素だけれど、そんな事柄がちっぽけに見えるほど強烈な印象を与えるのが、その先頭部形状である。

クハ50704 南海電気鉄道

クハ50704

  • 南海本線 鶴原→井原里 2009-8
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO200

鉄人砲弾のような前頭部、曲面ガラスの前に金属光沢を放つ鼻筋が通り、がっしりしたスカートと一体で形成されている。この金属の塊は、まさしくあの「鉄人」ではないか。開発発表で示されたイラストに、私も「本気でこんなデザインするのか?」と思っていたら、本当にそのまま登場してきてびっくりした。ファンの声も賛否両論あったけれど、類を見ないインパクトを与える車両であることには違いなく、1995年 (第38回) 鉄道友の会ブルーリボン賞を獲得。南海にとっては初の同賞受賞だった。
外観は前代未聞のデザインだが、一歩車内に入れば天井の高い客室が奇をてらわない暖色系でまとめてあり、丸い窓もむしろ優雅な雰囲気を感じさせてくれる。プラス250円の「スーパーシート」は横3列とさらに広く、30~40分しか乗れないのが惜しいくらいだ。
両形およびJR西日本223系は手荷物輸送の業務用室を持っており、それぞれ京都 (関空快速はJR難波)、なんばから搭乗者手荷物輸送を行える体制を整えていたが、いずれも現在は中止されている。〔ラピート〕は速達「α」と途中駅停車「β」の交互運転だったが、現在はほとんど「β」で、〔サザン〕とあわせた堺・泉州への着席サービスという側面のほうが強い。

南海本線も阪和線同様古くからの市街地を走る路線であり、引きの取れる場所が極めて限られる。〔サザン〕はともかく〔ラピート〕は和歌山方面にはまったく行かないから、狭い場所でも四の五の言っていられなかった。

この記事へのコメント

2010年01月08日 20:57
関空行き特急特集ですね!はるか、たしかにNEXとの共通項も感じられます。そして、片や京都のイメージで優雅さをこめた「はるか」、近未来的イメージの「NEX」と、東西の表現の違いも感じます。
ラピートは電車というより、ほかも乗り物のイメージですね。乗った時に、中と外観のイメージの違いにおどろいたことも思い出しました。
長岡京-山崎間のこの場所で、いろんな車両を撮っておられますね!
2010年01月08日 21:43
こんばんは。
関西空港方面にはいったことがないので、どの車両もこれが見るのが初めてでした。どれも洗練されたボディで、かっこいいですね~。この中ではクハ50704が好みです(^-^*
サイドから見たときのシンプルなラインがなんとも・・・。
写真を見比べてみると鉄人2さんともそっくりなのですね!
これにもびっくりでした。
2010年01月10日 09:29
こんにちは。

私も関空行きの列車は見たことないです。
「はるか」 の横顔は可愛いですね。
京都を意識しているとのこと、スマートなデザインでサイドビューも綺麗です!
「ラピート」 の前面は鉄兜みたいですね。
ホント、鉄人28号みたいです。
力強い車体ですが、中は違ったイメージなんですね。
一度乗ってみたいけど、関空に行くことってないだろうな…。
2010年01月11日 22:35
さくらねこさん こんばんは。

成田と並ぶ空港アクセスの華、関空もまた特徴的な列車が走っていますね。〔はるか〕というのは、列車名称としても好きなもののひとつです。一方の〔ラピート〕、外見は昔見た「未来の乗り物」のイラストも思い出させます。
長岡京~山崎では待っているだけでいろんな車両が来ますから楽しいですね。このときは〔日本海〕をメインにいろいろとつまみ食いできました(笑) 秋にはすっかり有名になったコスモス畑となりますが、すぐ隣の高速道路工事がすこし気になるところです。
2010年01月11日 22:36
スウさん こんばんは。

関西空港へのアクセス列車として走る〔はるか〕と〔ラピート〕、両者違った意味でのスマートさを感じます。
〔ラピート〕がお好みですか。横顔としてはシンプルにまとまっていますが、これが向こうから高速で迫ってくると圧倒されるんですよ。そのインパクトある面構えから、ファン間でも「鉄仮面」とか「鉄人28号」とよく呼ばれています(笑)
2010年01月11日 22:38
静さん こんばんは。

〔はるか〕の先頭部は「顔つき」と形容するのが似合う、すこし特徴的な形ですね。室内はほかのJR西日本特急とそう違いはありませんが、どこか京都らしい上質な感じにまとまっています。
一方の〔ラピート〕は鉄兜みたいな前面がなによりの特徴。それで客室は落ち着いているという、その差を体験するのも面白いと思いますね。
空港に行かなければなかなか乗る機会のない空港アクセス列車、ですがこのヒトは用もないのに空港へ行くことが多いようで(笑)
2010年01月13日 23:21
こんばんは。ラピートの実車を間近で見た時のことを思い出しました。驚き、ア然としました。車内に入って、外見とは正反対で落ち着いた雰囲気、●窓も良かったです。お客が少なかったのも?更に良かったです。(^^;。ところで、今更ながらRM見ました(^^。
2010年01月15日 22:58
teruさん こんばんは。

〔ラピート〕は外観のインパクトと中のギャップもまた印象に残りますね。で必要以上にゆったりできるというのがいいというかすこし残念というか…私が乗ったとき(スーパーシートにしてみた)も、やっぱり空いてました(苦笑)〔サザン〕の方は結構乗っているようですが。
RMもご覧頂きありがとうございます。…またこのヒトはちょっとハズしたのが好きといいますか(笑)

この記事へのトラックバック