キハとキハ

ディーゼル特急の編成などを眺めていると、気動車は先頭車も中間車も普通車「キハ」グリーン車「キロ」だ。電車に比べ小単位で分割併合も頻繁にあったこと、重量と出力の関係でほぼ全車両が走行用エンジンを搭載することから、走行動力つきの車両は運転台の有無や数 (形式の下一桁で区分) を問わず「キ」で統一されている。「キク」という称号も存在するけれど、これは運転台があり走行動力を持たない気動車のことだ。見た目電車のクハと同じだが、制御方式・電気回路の違いから両者は厳然と区別される。
かつては電車でも編成の増減や組み換えを頻繁に行い、旧型国電の大多数は運転台つき車両だったから、電動車は運転台にかかわらずモハだった。湘南電車 (モハ80系) の登場とその成功で、以降の電車は固定された編成単位での運用となり、国鉄では1959年の車両称号規程改正によってモとクモが分離された。私鉄では、現在でも区分せずにモハやデハとしている会社が多数派である。

こうした経緯から、気動車で運転台の無い車両は固定編成を組む特急形と急行グリーン車程度にとどまっていたのだが、一般形気動車の中間車両という異例の存在が、札幌近郊の札沼線 (さっしょう: 通称学園都市線) で走っている。キハ201系のキハ201-200番台だ。

キハ201-103

キハ201-103


キハ201-203

キハ201-203

  • 札沼線 あいの里公園→石狩太美 2009-11
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

まあキハ201系 (1997年登場) 自体が、気動車全体でも異例の存在ではある。3両固定編成、3扉オールロングシート、最高速度は130km/h、空気ばね圧制御の車体傾斜機構を備える。既存の気動車群とは連結できないが、731系電車と併結して協調運転が可能。
各車とも450psエンジンを2台搭載する同系の編成出力は実に2,700ps、起動加速度2.2km/h/sは711系電車の2倍! いかつい顔も特徴的な同系は、名実ともに「モンスターディーゼルカー」である。国鉄時代のしがらみを断ち切ったディーゼルカーの性能向上はめざましいものがあったが、これはその究極に位置するといっても過言ではない。

札幌近郊に限れば発展著しい札沼線では、朝の通勤ラッシュ、愛称にもある沿線各学校への通学に対応して、最近ではめずらしくなった雑多形式による長編成列車が見られる。おなじみキハ40グループに加え、余剰となった50系51形客車にエンジンを載せて気動車化した「PDC」ことキハ141系の存在も見逃せない。キサハ144は3両編成の中間車で、「キサ」は気動車の付随車を意味する。

キサハ144-101

キサハ144-101

  • 札沼線 石狩当別←北海道医療大学 2009-11
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D, ISO200

こんな車両が差し挟まれても構わないということは、札沼線の列車速度はそれほど高くないということだ。キハ201系の異常とも思える高性能は函館本線 (小樽~江別) で電車と並んで走れる性能を確保するためだが、正直ここでは力を持て余しすぎだ。製造は4編成で止まってしまい、本来の目的だった小樽以西からの直通も (ワンマン対応でないことからか?) 増える気配がない。ただ同系に投入された新機構は〔スーパー宗谷〕キハ261系 (2000年) に受け継がれ、プロトタイプとしての役目は果たしたともいえる。
折しも札沼線は札幌~北海道医療大学間の電化 (2012年完成予定) が決定し、すでに架線柱が建ちはじめた区間もある。電化後キハ201系の行方はどうなるだろうか。車体構造が731系とほとんど同じなので、電車に改造するとか、あるいは "ITT" ハイブリッド化してしまうかも……なんて想像もできて面白い。

広々とした光景を求めて石狩当別付近へ足を運ぶと、札幌市街ではなかった積雪もあり、もう冬本番だなと思わされる。ただ枯れ草が残って足回りにかかったり、ケーブルの影が車体に映りこんだりするのがどうしても気になるところ。初訪問一発勝負がいつもうまくいくというわけがなく、そうやって「追い込み」をかけないと納得いくものは得難い。



■備考
国鉄制定の場合、二桁のものは0~4が両運転台、5~9が片運転台か運転台無し。三桁のものは基本的に奇数が運転台つき、偶数が運転台無し。

この記事へのコメント

2009年12月06日 21:14
こんばんは~

すっかりご無沙汰してしまいましたが、北海道ネタが続いていて北海道在住の私としても嬉しい限りです。
さて、今回の札沼線は宮本さんも仰るように充当される形式が雑多で、撮る側にしてみれば面白いというか、悪く言えば撮りたいときに撮りたい形式が来てくれなくて悩まされるところです(笑)。
私もPDCを撮りに行ったら全てキハ40で組成された編成で来た、キハ40を撮りに行ったらその逆だったり、キハ40でも逆イレギュラーで700番台が来ちゃったりとか(笑)。
そして線路際の雑草は特に札沼線は多いかもしれません。
複線区間だと住宅街で引きがないし、単線区間は草がスゴイしと、これも悩まされられる要因ですよね。
2009年12月06日 22:33
こんばんは。

札沼線を走る列車は寄せ集め的な(苦笑)
何が出るかな?と。
201やPDCの真横ショットってあまり見かけないので
おもしろく拝見させていただきました。
流し撮りはほとんど挑戦しておりませんが
このようなお写真の集め方のジャンルもあるのですね!

ディーゼルの少なくなる札幌近郊からは201は消えてしまうのでしょうか。
どっさり電車をつくるようですし
函館と新函館のリレー輸送とかに201を!?
水無月
2009年12月07日 00:19
こんばんは。

こちらで札沼線の列車たちが見られる日が来るとは・・・加藤さんと同じく私も嬉しいです。
札沼線沿線は近年どんどん住宅地が広がり、あっという間に首都圏にも負けない?通勤・通学ラッシュが繰り広げられるようになりました。そんな中で登場したキハ201系。寒冷地、しかも豪雪地帯でのデッキ無しロングシート、3枚扉はえっ!?という驚きでした。
乗ってみるとやはり快適で、気動車ならではの音は気になりますが、私にはパワーのある加速の良さが心地よかったりします。
客車改造のPDCというのは、撮影するようになってから知ったことですが、気動車不足の苦肉の策として登場してから早くも20年・・・電化の時代がくるとは思ってもみませんでした。
あいの里公園以北からは駅間が長いので、撮影には苦労されたと思います。
医療大学-石狩当別間には 私もよく撮影するすっきりと撮影できる場所があるのですが・・・。あっ、そういえば札沼線のヌシがいない・・・。「追い込み」をかけて、どうぞまたいらしてくださいませ(笑)。
2009年12月07日 23:37
こんばんは。

この異色の一般気動車であるキハ201系、何もかもが一般気動車の常識を超えていて、私もかなりお気に入りの車両です。
撮るのもいいですが、やはり一番この列車の凄さを体感するのに一番良いのは“乗る”ということでしょうか。
731系に似たブレーキ解除の音がしたと思えば勇ましいディーゼル音とともに驚くほどの加速力・・・。本当に好きです、この車両は(笑)

札沼線も利用客が多いため、こういったデッキ無しオールロングシートの車両が時に大活躍しますよね。今ではキハ48などの国鉄型ですらこのスタイルなので、普通のキハ40グループとはかなり味の違う感覚がします。
また、このキハ201が函館本線の小樽以西に入るのは未だに感覚がつかめなくて、機会があれば是非とも乗ってみたいと思う次第です。

そんな札沼線もあいの里公園まで電化が発表され、既に新川や新琴似辺りでは電柱が立っているようです。
PDCもそう長くはなさそうなので、記録に勤しみたいところです。
2009年12月08日 23:08
加藤さん こんばんは。

札沼線には仰るとおりいろんな形式がいますけど、201系以外はとくに限定されていないのですね。この朝も別の長編成の列車は引いて撮ろうと思ったのですが、そんな時に限ってキハ48に40も330番台がついて……そんなことに後で気づいて、それこそ orz…(苦笑)
引きの撮れる場所はこのあたりまでこないと難しそうですよね。函館本線の方もどうしても気になって、この日は長居できなかったのが惜しまれるところで、次回はもうすこし腰を入れてみたいと思うところです。
2009年12月08日 23:09
Anさん こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
こんな撮り方ばっかりしているブログと当人でございますが、ご興味をいただければ幸いです。流し撮りにもぜひ挑戦なさってみてください。

はるか昔の話ですが(笑)、私も非電化通勤路線の近くに住んでいたことがありまして、当時はもっといろんな形の車両、色も朱色の他にツートンや急行形まで入り交じっていました。いまの札沼線は塗装こそすっきりしていますが、そんな光景を思い出させる路線ですね。しかし需要増が高じてついに電化となって、こんな光景もまもなく見られなくなることに。201系の行方も少々気になります。
2009年12月08日 23:11
水無月さん こんばんは。

ハイ、こちらのお庭も少々拝借とまいりまして(笑) 客車改造PDCから強力な201系まで、車両としてもいろんな表情の見られる札沼線。非電化で通勤路線というのも最近では少なく、魅力的ですね。
あ、ヌシの不在に気づかれましたね? もちろん私がそれを撮っていないハズがございません、なんたって今回第二のターゲットでしたから(笑) 未撮影の番台もありますから、それら含め機会を改めてということで、また全国の車両で気を紛らせていただければと(笑)
2009年12月08日 23:11
特急北斗さん こんばんは。

キハ201系のすごさを体感するには、やはり乗ってみるのが一番ですね。私も一回乗ることができましたが、札沼線ということで、めざましい加速……と思いきやすぐ惰行に入ってしまい、ちょっと欲求不満でした(笑) 今度は本線をかっ飛ばす姿、とくに731系とのM-D協調運転を体験したいですね。
この前日には札樽道を通りましたが、札沼線との交差部にはもう柱が立ちはじめているのに気づきました。電化すればPDCなどは間違いなく退くことになりそうですし、ぜひいろんな表情を収めておいてください。

この記事へのトラックバック