影落ち

秋の日はつるべ落とし…とはよく言ったもので、秋分をはさむ時期は日の入りが毎日1分半のペースで早まり、夕方以降の列車撮影は急速に難しくなってくる。いっぽう車両写真はというと、夏の間は伸び放題の雑草に隠れるとか (しかし今年は意外にも邪魔が少なかった)、陽炎の影響も受けやすいのでシーズンオフ、ここにきてようやく足回りがすっきりするころだ。日照の角度もあからさまに低くなり、床下機器のディテールを描写しやすくなる一方で、遠くから影が落ちてくることも考えなければならなくなる。

クモハ223-5

クモハ223-5


阪和電気鉄道として戦前に開業した歴史を持つ阪和線は沿線開発がすっかり済み、日根野あたりまで住宅が建てこんでなかなか抜ける場所がない。それでも鳳(おおとり)駅近くで撮れそうな場所があったので 紀州鉄道の帰りに寄ってみた。281系〔はるか〕や283系〔オーシャンアロー〕が颯爽と通過する一方で、ここはいまでも103系が現役バリバリの路線なのだ。
太陽は右後ろ方向にあった。その光線が画面には入っていない架線柱を通して、向こう側に位置する下り線の列車に影をつくる。上り線架線の影も大きく落ちているし、これではちょっと厳しいかな……本数は多いので天王寺ゆきに専念することにした。

クモハ223-3<

クモハ223-3

  • 阪和線 津久野ー鳳 2009-9
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO200

JR西日本「アーバンネットワーク」の中核に位置する223系電車は、もともと1994年に開港した関西空港への普通列車アクセス〔関空快速〕向けに設計された車両だった。221系の発展型で、ステンレス車体としては大きな窓、最近では採用例の少なくなった戸袋窓を設置(0番台)し、車内は明るい。貼り付けられた帯が網点でグラデーションを形成していることも見逃せないポイントだ。客室は空港に向かう旅客がスーツケースなどを持ち込むことを考慮して、1-2配置の横3列転換クロスシートになっているのが特徴で、それゆえ特に2500番台は着席定員が少ないという欠点も抱えている。
この車両にはもうひとつ特徴が「あった」。1996年にJR灘波 (OCAT=大阪シティエアターミナル) からの国際線旅客手荷物輸送を開始し、クモハ223-100番台の客室前1/3を仕切って業務用室を設けた。国鉄時代に荷物輸送が全廃されていた関係からか「クモハニ」とはならず、車体構造はそのままにドア窓と戸袋窓を板でふさいだだけで、実験目的だったように思われる。一回だけその車両に乗ったことがあるけれど、窓があっても覗けないというのは異様な雰囲気だった。
手荷物輸送はOCAT利用不振のためわずか2年で廃止され、当該部は一般客室に復帰。現在は〔関空快速〕のJR灘波乗り入れ自体が行われていないし、併結する和歌山発着〔紀州路快速〕のほうが利用率が高いのが現状だ。〔はるか〕も京都から同様のサービスを行っていたがこちらも廃止、外板に大きなJRマークのある荷物スペースだけが残されている。

この記事へのコメント

2009年10月21日 23:20
こんばんわ~
「秋の日はつるべ落とし・・・」実は私もこの言葉が頭にあり、何かこれに似合う写真はないかなぁと考えてました。結局は違うタイプの写真をアップしたのですけど、同じ発想ににんまりしてしまいました。
昨年和歌山方面に行ったとき、京都ー西明石を走っていたスカイブルーの103系が走っていて、とてもなつかしかったです。「こんなところでがんばってたのねぇ」と思わず声をかけてしまいました(笑)まだ現役なんですね。奈良線とともにがんばってるんですね!
そういえば関空できた頃、京都駅やJR難波駅でチェックインできる機能がありましたね。いつのまにかなくなってました。そのときは手荷物を電車で輸送していたのですか。
2009年10月22日 23:36
さくらねこさん こんばんは。

それにしてもすっかり日の入りが早くなりました。先日も夕陽を使ってイメージ写真ふうに撮ろうとしたら、肝心の列車が日没にわずか1分間に合わず(笑)
阪和線では103系がまだ普通列車として幅をきかせていますね。かなり初期の車両も老体に鞭打って? 頑張っています。色がブルー一色のままというのもまた良い感じ。
仰るとおり京都とJR難波からの荷物は電車で運んでいました。どれだけ使われたのかわかりませんが……京都駅は地下のちょっと目立たない場所にあって、改札口はいまでも残ってますね。
2009年10月23日 19:29
こんばんは。はじめまして。
785@NE-501と申します。よろしくお願いします。

関西の223系の初期車陣ですね。この223系の車内は我が地元を走るJR北海道の721系のクロスシートに似ている印象を受けました。この0番台の車両は症少数派だと思っていましたが、いつしか同形態の2500番台車が増備されて今では大阪環状線などにおいても223系は多くなっているように思います。
私は昨年の学校の修学旅行の自主研修の際に大阪環状線をはじめアーバンネックを利用し、大阪環状線や東海道線新快速などにも乗車し、JR西日本の路線は初体験で、見るもの全てが新鮮でした。
紀州路快速などが行く和歌山方面には行きませんでしたが、大阪環状線の103系の姿を目にし、乗車することも出来ました。
やはり個人的には国鉄型車両には温かみがあって好きですね。
2009年10月24日 01:02
こんばんは。
美しい写真ですね!
電車の形がしっかりと見れる視点で、楽しかったです(^-^*
今回は真ん中の帯のラインがきれいな電車♪
関西方面へは殆ど行かないので、こうしてあちら方面の車両を見れるのは
私にとって貴重な体験です。

秋の季節。だんだんと気温も下がってきました。
これからもお体に気をつけて撮影、頑張ってくださいね!
2009年10月24日 20:56
785@NE-501さん こんばんは。コメントありがとうございます。

北海道・札幌圏の電車といえば721系ですね。223系とは、曲線で構成した前面などに似た雰囲気を感じるところもあるようです。
阪和線も2500系の増備で見る機会がかなり増えましたし、福知山線(JR宝塚線)でもいつのまにか快速は223系ばかりになっていました。
そんな中でも103系は阪和線ではまだ主力、大阪環状線でも201系にまじってその姿を見ることができますね。首都圏ではほとんど消滅している単色の塗装が、国電時代を想わせるところです。
2009年10月24日 20:57
スウさん こんばんは。

このブログでは側面にひたすらスポットを当てて、全国各地を走る車両のそれこそ「横顔」をご覧に入れているのですが、お気に召していただけたようで嬉しく思います。
普段目にすることのない車両をみると新鮮な気持ちになりますね。この223系電車を印象づけるのはやはり帯のグラデーションでしょう。私も初見からとても印象に残り、どうやっているのかと思って近くで見ると、新聞でやっているような網点の大きさで色の濃さを変えていたんです。なるほどと思いました。

そろそろ気温も下がってくる頃、でも空気が澄んで(コレに限らず)シャープさを求められる鉄道写真にはいい季節なんですよね(笑) スウさんもいろいろお忙しそうで、お身体にはお気をつけ下さい。
2009年10月25日 01:05
こんばんは~

夏には全く気にする必要がないポイントでもこの季節になると思いっきり影落ちしていた…なんてこと、よくありますよね。
一方で足回りが隠されてしまう線路際の雑草がなくなったり太陽の低さから床下機器まで光が回り込むなんてメリットもありますが…。
でも同時に思いもよらぬところで車体前面がギラリとしたりして、ディテール重視だと思わぬ弊害が出たりもして(笑)。

ところで223系には手荷物輸送用の業務用室があったんですね。
かつて国鉄時代には旅客車両に荷物室が設けられた車両がいくつも存在したものですが、今となってはそれも過去のものなんですよね。
2009年10月25日 21:58
加藤さん こんばんは。

車両主体で行くと足回りまで光が回るほうが好都合なので、雑草も消える冬場の撮影はしやすいといえますが、そのぶん影の存在も気に掛かってくるところ。ふだん後ろを気にする必要のない私ですが(笑)、これから冬場はずーっと後ろの方を気にしなければならなくなります。

223系関空快速の荷物輸送室は不思議な存在でした。窓ガラス部分だけ板でふさぎ、駅ホームでも乗客が間違って並ばないように該当部分の乗車目標に「乗れません」と書いてあったり。荷物車自体、以前キハユニ26にかろうじて乗った記憶はありますけど、いまでは博物館などでしかお目にかかれなくなってますからね。

この記事へのトラックバック