ミキサンの再就職

ひたちなか海浜鉄道で もと三木鉄道のミキ300形が運行を開始、週末中心に運用されているというので乗りに行った。まずは勝田からキハ205、同社の国鉄形では唯一の冷房車。いつも通り中根で降りると周囲は黄金色の田んぼが広がり、時折冷たくも感じる秋風に稲穂が揺れていた。

三木鉄道は兵庫県に存在した第三セクター鉄道。播磨地区を南北に走る加古川線の支線で、特定地方交通線だった三木線 (厄神~三木) を引き継ぎ1985年に開業。路線長6.6km、途中の交換設備はないが、一方で新駅を4つも設置して平均駅間は1kmを切っていた。一度だけ乗ったことがあるが、走り出したと思うとすぐ次の駅に停車する、路線バスのような鉄道だった。
しかし三木から神戸市街に出るには、転換以前から神戸電鉄を使ったほうが早くて便利だったし、加古川線へつながっていた線路も転換時に切られてしまい、姫路・加古川へ出るにも不利な状況。出資者の三木市も財政再建の折、市長選で同線廃止を公約とした候補が当選したこと、住民投票でも廃止意見が存続を上回ったことで命運が決まった。同線は結局2008年3月末で廃止されている。

ミキ300-103 ひたちなか海浜鉄道

ミキ300-103

  • ひたちなか海浜鉄道湊線 金上←中根 2009-9
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO200

開業当初はミキ180形レールバス、それこそバスの形をした二軸気動車2両という極小体制だった。ミキという称号は、言うまでもなく三木にちなむ。同時に北条線 (粟生~北条町) を引き継いだ北条鉄道はフラワで、こちらは沿線の兵庫県立フラワーセンターから取ったもの。
特定地交線転換の第三セクター鉄道各社は、「マイレール」を合言葉に国鉄の旧態依然ぶりから脱却した姿勢を示していた。独自の車号や派手な塗装も、そのあらわれといえる。いまでこそ国鉄色が郷愁を誘うと人気を呼び、それは私も同感なのだが、毎年のように運賃値上げを繰り返し、労使ともにたるみきった国鉄への風当たりは相当なものだった。
ミキ300は3両が製造され、小型で疲弊が早かったミキ180を置き換えた。廃止時で車齢10年程度だったため、移籍先を探すことに。競売や交渉の結果105は樽見鉄道 (岐阜県)、104は北条鉄道へ譲渡。そして103がここ ひたちなか海浜鉄道へ譲渡され、三木時代の車号で運転を開始した。偶然なのか、樽見・北条でも塗装は三木時代のままとなっている。いずれも前途厳しい鉄路で、応援の意味もこめて訪れたいと思う。

キハ223 ひたちなか海浜鉄道

キハ223

  • ひたちなか海浜鉄道湊線 金上→中根 2009-5
  • D200, AF Nikkor 50mm F1.4D, ISO100

中根撮影後、そのミキで阿字ヶ浦へ向かう。ここ最近は勝田~中根の往復ばかりで、終点まで行くのは久しぶりだった。エンジンの音も力強く、頼もしい新顔である。
最近になって駅名票が一新され、各駅近隣にある施設や名所を配したデザインになったのも、きょうのお目当てだった。各駅のシンボルマークを設定する例はあるけれど、漢字をいじってデザインにするとは意表を突かれた。ここ中根は虎塚古墳の前方後円墳と漆塗小大刀。
運行の拠点である那珂湊には現役・引退車両が混じって停留し、気動車では日本初のステンレス車体ケハ601 (車体のみ) の姿も見える。ミキと入れ替わりに引退することになった もと羽幌炭礦鉄道のキハ223は茨城交通色のままで運用を終え、他車と離れて中線に留置されていた。


この記事へのコメント

2009年09月11日 07:18
おはようございます。

このミキさんには出会わなかったです (笑)。
赤いラインが目立っていますね。
それにホントに田圃は黄金色で、20日ほど違うとずいぶん風景が変わりますね。
車両を撮りたいと思ったら、中根で降りればいいのですね。
次に行く時の参考には走っているところを撮ってみたいと思います。
駅名票は私も楽しませてもらいました。
2009年09月11日 09:03
 ミキ300-103。順調に運行しています。あと2社も気になりますね。元気にがんばっているとは思いますが。
(吉田)
2009年09月14日 01:16
静さん こんばんは。

こちらミキさんは8月末から運転を始めました。訪れられたときは車庫内で整備していたようです。
走行写真を撮るなら、まずはここからですね。鍵穴……じゃなくて古墳が目印の(笑)中根駅で降りて10分以内で、いろいろなアングルが得られます。この日も撮影者が散らばって、このミキと国鉄色の205を撮っていました。

20日経つと田んぼの光景もずいぶん変わりますね。往路の常磐線ではすでに刈り取りが進んでいましたし、こちらもそろそろ収穫がはじまっているのではないでしょうか。
2009年09月14日 01:18
ひたちなか海浜鉄道 吉田様 こんばんは。

ミキ300形は運転開始イベントから賑わい、運行も順調でなによりです。
残り2両の転じた先もまた厳しい中を頑張っている鉄道とお見受けし、機会を見つけてまた訪れてみたいと思っております。

この記事へのトラックバック