雨がえる一匹

まもなく新幹線を迎える肥後五十万石の城下町、熊本。城を眺めて走る市電(熊本市交通局)が有名だが、もうひとつ市内に乗り入れている鉄道がある。熊本電気鉄道で、鹿児島本線の上熊本を起点に御代志(1986年まで菊池)へ伸びる菊池線、途中の北熊本から藤崎宮前へ分岐する藤崎線の2路線。現在電車は藤崎宮前~御代志で直通し、国鉄線とつながっていた上熊本~北熊本のほうが支線的な扱いだ。もっとも藤崎宮前駅も繁華街から離れており、マイナーな印象はぬぐえないところだが。
上熊本への短区間を往復する緑色の5000系電車は、東急電鉄で活躍し地方へ四散した5000系一族最後の生き残りだ。1954年登場の5000系(先代)は同社初、国内でも初期の新性能電車。前面は下ぶくれの面構えにすこし垂れ目の二枚窓、愛嬌のある姿と緑色の塗装から、「雨ガエル」「青ガエル」と呼ばれるようになった。後期の目蒲線・大井町線での姿は、当時沿線に住んでいた私も良く憶えている。
丸い!タマゴ形の車体はモノコック構造(張殻構造)といい、車体外板自体も強度を受け持っている。小型乗用車では現在も一般的な構造だが、鋼製の鉄道車両で実現した例は少ない。車体下部は大きなアールをもって巻き込まれ、ドアなどもそのラインに沿っているため床と壁の境がない。裾絞りの車両は数あれど、振子車でさえここまで大きく絞り込んではおらず、張り出したステップとともに同系を識別するポイントといえる。


5101A 熊本電鉄

5101A

  • 熊本電鉄菊池線 池田←打越 2009-5
  • D700, AF-S VR-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G, ISO200

東急での活躍を終えた同系は1980年前後から地方私鉄に譲渡されていった。熊本電鉄のほかには福島交通、長野電鉄、岳南鉄道、松本電鉄、上田交通(→上田電鉄)。同系が好まれたのは、鋼製車としてはきわめて軽量で加速性能が良く、電動車が1両単位で短編成も組め、18.5m車という中小私鉄にとっては大型の車両で輸送力に優れる、といった理由による。地方へ渡った同系は各会社の車体色をまとい、カエルの姿で地域にとけ込んできた。
しかし1990年代に入ると世代交代の波が仲間を襲う。この時期には地方を走る路線バスも冷房車の占める割合が多くなってきたが、極限まで軽量化を追求した車体は冷房装置を載せることができなかった。老朽化の進行も速く、台車の直角カルダン駆動は保守も次第に難しくなってきた。大手私鉄でも一世代前の冷房車が余ってきたので、それらへ道を譲って他社では2000年までに引退した。
最後の2両は、編成の連結面にも運転台を設置して単行運転可能としている。追設側は平面のままで、横から見ると片運転台の気動車でまれに見られる単行回送のようだ。

導入時後一時期青基調の色になった2両は2004年に東急グリーンに塗装され、現在もその姿で運行をつづけている。車内は東急時代とほとんど変わらず、一歩踏み入れるとタイムスリップした感覚を味わえる。つり革にはなんと渋谷東急百貨店・109の広告が残されているのだ。藤崎宮前~御代志間では もと都営三田線の6000系冷房車が走っているけれど、経営再建中ということもあって単行が必要な同区間の車両置き換えができず、もうしばらくその姿が眺められそうだ。

この記事へのコメント

2009年08月28日 08:12
おはようございます。

走っている 「雨がえる」 君!
熊本電鉄では東急の緑に塗装して走っているんですね。
まだまだ頑張って走っているのが嬉しいです。

伊予鉄道では京王の3000系を導入して、営業運転を始めました。
また写真を撮りに行きたいと思っています。
2009年08月29日 05:27
おはようございます。
一度役割を終えた電車も、装いを新たに活躍することがあるんですね!東急の電車が熊本で走っていると聞いて、私も嬉しくなりました^^
都営三田線もたまに利用する路線の1つです。身近な電車が各地で走っていると思うと、感動しますね。
2009年08月29日 22:49
静さん こんばんは。

1両編成の雨がえる君、熊本電鉄でいまでも元気に走っています。見覚えのあるグリーンの車体もそうですが、中が約20年前と全く変わっていないのには感動さえ覚えました。さすがに今の時期はちょっと暑すぎるかな(笑)
京王井ノ頭線3000系も最近の人気車両でして、こちらも各地に転じて第二の人生を歩み始めています。松山でもこれから活躍してくれることでしょう。
2009年08月29日 22:52
スウさん こんばんは。

東急の電車は、5000系以来各地で第二の人生を歩んでいますね。最近はみなステンレス車で、なかにはなんとインドネシアまで行った車両もあります。
さすがにそこまではなかなか行けるものではありませんが(笑)、地方に足を運んだときに以前と変わらぬ姿を見ると、懐かしい気持ちにもなりますね。
都営三田線の車両も一部は秩父鉄道、それからインドネシアにも行っています。

この記事へのトラックバック