Smoke Free

きょう6月1日から、JR東海・西日本の中~長距離列車(他社乗り入れ含む)が全面禁煙となった。両社とも短距離特急については禁煙化されており、今回の変更でJR在来線の座席車がすべて禁煙車となる。新幹線でも東海道・山陽新幹線のN700系・500系8両、JR東日本・九州の全車が完全禁煙である。
JR西日本では、一部車両にあった喫煙コーナーも灰皿を使用不可としている。683系2000番台〔しらさぎ〕のグリーン車後部にあるフリースペースは灰皿を備えて実質的に喫煙コーナーだったが、ここも禁煙になった。ちなみに私自身は吸った経験も全くなく、喫煙者に多く見られる無配慮ぶりに辟易しもするので、この傾向自体は評価できる。

画像

クロ682-2006

  • 北陸本線 丸岡←春江 2009-2
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO200, 1/320, f8
  • RF2009-05-061

同日に営業運転を開始した新型「サンダーバード」683系4000番台も全車禁煙なのだが、当初は車内に3箇所の喫煙ルームを設置という話だった。ところがことしになって鉄道各誌に載った車両紹介でそのことはまったく触れられないし、車内配置図にも空白が記載されているだけだ。設計~製造の途中で方針が変わったようで、いままでの車両が完全禁煙になる(3両編成とも併結する)以上、バランスが取れないと判断したのだろう。貴重なスペースを割いて設置した喫煙ルームは「開かずの間」になってしまう模様。

正直なところ、あけっぴろげな喫煙コーナーは論外として、喫煙ルームの設置にも私は賛成できない。いままでならヘビースモーカーが禁煙車を積極的に選ぶことはないから、そういう人が禁煙車にまぎれるケースも稀だったのに、ルームの設置でその制約が外れてしまったからだ。N700系に乗ると、隣席の人が喫煙コーナーに行ったことは匂いですぐわかるし(そういうところに本人がまず気づかないところにも問題がある)、喫煙車が近くにある場合も含め、トンネルなどでは排出煙が禁煙車にまでわずかに伝わってくる。〔はくたか〕で喫煙車の直後が指定されると、なんだか損をした気分にもなるくらいだ。
国鉄時代は逆で、80年代に入ってようやく登場した禁煙車も特急自由席に1両と、鉄道に限らず交通機関の喫煙はほぼ自由だった。「ドン行」の客車やディーゼルカーに乗ればブレーキシューの焼けやエンジン・車軸の油分などとタバコのヤニ臭が交じり、それはそれで旅情というか懐かしさを感じたものだが、昨今の禁煙志向・受動喫煙への問題意識の高まりには逆らえようもない。

JR九州の一部特急車に設置されていた喫煙室は、完全禁煙化に伴い電話室に取り替えられた。公衆電話が置いてあるのではなく、携帯電話の通話はこちらで……というスペースである。こちらもマナーには配慮いただきたく。

この記事へのコメント

小さな鉄道博物館
2009年06月02日 05:46
おはようございます。

煙草を生まれて一度も吸った事のない私(笑)やっと時代も変わりJR北海道も全面禁止になり嬉しい限りです。(煙草を吸う方ごめんなさい)綺麗な空気?が流れる車内での旅はとても気持ちがいいですね。

週末ごとに天候が崩れるパターンになり撮影がなかなか出来ませんが快晴の日は仕事に行く前に早朝の朝練でポジ撮影に行こうと思います。
2009年06月02日 19:56
こんばんは。
ようやく東海・西日本も全面禁煙なったのですね。北海道も以前は喫煙車があって、記憶には無いのですがその空間にいるだけで気分が悪くなりそうな状況にあったに違いないように思います。
今では全車禁煙となってきれいな空気の中で移動を満喫できるので良いのですが、煙草の煙が嫌いな人にとっては「喫煙車」や「喫煙コーナー」があること自体がかなり辛いものがある気もします。

683-4000もいよいよ運用が開始され、雷鳥も更に気になる存在になって来ました。是非とも早いうちに記録しておきたい列車の1つです。
2009年06月04日 22:32
小さな鉄道博物館さん こんばんは。

他JRや交通機関にくらべてなかなか禁煙化に踏みきらなかった二社もようやくという感じで、正直N700系の喫煙ルームもなあ……とも思いますが。全面禁煙化される前に上越新幹線でやむなく喫煙車に1時間ほど乗ったことがありますが、やはりキツかったですね。

こちらもまた週末ごとに天気が悪く、なかなか所定の収穫(?)を上げられれません。朝練でも出来ればいいのですが、諸般の事情もあり……(苦笑)
2009年06月04日 22:35
特急北斗さん こんばんは。

以前喫煙車のあった〔踊り子〕に乗ったとき(こちらはもちろん禁煙)、たまたま貫通路ごしにとなりの喫煙車が白くかすんで見え、恐怖感すら覚えたものです。喫煙車が減るだけ密度も上がるのは自然なことですが、こうなってくると車掌や車内販売員の健康さえ心配されるわけで、JR東海・西日本もようやく重い腰を上げたか、という感じがします。

683系の再増備がはじまりました。今回は実質的には〔はくたか〕増発のためで485系〔雷鳥〕の本数は減りませんが、これから次第に貴重にになっていきそうですね。
2009年06月05日 07:02
おはようございます。

以前、JR四国の8000系特急に乗ったとき、座る場所が喫煙車しかなかったので、しかたなく喫煙車両に乗りましたが、そんなに多勢が煙草を吸っていたようにもなかったのですが、私も家族も煙草を吸わないので、乗り心地が悪かったです。
今は禁煙になって良かったと思っていたのですが、喫煙ルームがある車両もあるのですね。
8000系にも喫煙ルームがあるというのも、この前乗るまで知りませんでした。
2009年06月05日 21:56
こんばんは。

愛煙家にはますます肩身の狭い世の中となっているようですね。私も連れあいも、また実家でも喫煙者がいないので、やはり煙草の煙や匂いは好きではありません。
帰省にオホーツクを利用していた頃は、禁煙車がやはり1両しかなく座席を確保するのに、大変だったことを思い出しました。
今回でJR在来線の座席車が全て禁煙になったのですね。クリーンな空気の中で移動できるのは嬉しいことですね。逆に愛煙家には切ない我慢の旅…?となるのでしょうね。
最近は煙草より厄介な?新型インフルエンザで大騒ぎとなりましたが、梅雨時期となり落ち着いたのかな。
2009年06月08日 22:34
静さん こんばんは。お返事が遅れてしまいました。

非喫煙者にとっては、ちょっとの煙でも気になるんですよね。また最近まで喫煙可能だった車両などでは、長年の使用でついたヤニなどが残ってすこし気分が沈んだりも。
四国でも車内禁煙化となり、8000系と2000系の一部に喫煙ルームが残っていますね。ちなみに在来線(昼行)では現在この二者のみです。
2009年06月08日 22:35
水無月さん こんばんは。お返事が遅れてしまいました。

JR北海道の禁煙化は比較的早かったはずですが、〔オホーツク〕のような長距離で禁煙車が少ないときは、さぞお困りだったことと思います。
今回、JR在来線の座席車が完全禁煙になり、車内の空気はそれだけではなく弁当とかお酒とかもあったりしますけど(笑) 懸案のひとつが解決し、また駅構内も禁煙が拡大してなによりという感じです。

この記事へのトラックバック