色の記憶・音の記憶

正調・国鉄特急色を身にまとう電車は、もう残り少なくなった。特急として定期的に走るのは〔雷鳥〕―ついに683系への全面置き換えが決まった―、それに準じたもと485系の〔北近畿〕などだけ。それらと並んで奇跡的に生き残り、電車特急50年の歴史を今に伝えるボンネット形の先頭車、クハ489。かつて「碓氷のシェルパ」EF63と峠を越えた車両は、上野~金沢間(長岡経由)を走る夜行急行〔能登〕で最後の活躍を見せている。いちど派手な「白山色」になってからの国鉄色復活という意味でも、奇跡的な車両だ。
昨年年明け早々にこの車両が欲しくなったが、冬場に早朝着の〔能登〕なんて撮れるわけもなく、年末年始〔ふるさと雷鳥〕はちょっと無理……となれば団体臨時列車などを狙うしかない。「舞浜臨」として武蔵野線にやってくる機会も多いけれど、いろいろあって北陸地区で撮影することにした。大阪近辺の中学校が実施するスキー合宿の行き帰りには、京都所〔雷鳥〕編成と並んで金沢所の489系がよく使われている。

画像

クハ489-2

  • 北陸本線 丸岡←春江 2008-1
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO100, 1/100, f5.6
  • RF2009-01-010

大きく鼻をつき出す前頭のボンネットは単なる飾りではなく、中には電動発電機(MG)と空気圧縮機(CP)が収められていた。(クハ151→181と初期のクハ481の場合)このクハ489ではMGは床下(左側台車の横)で、CPだけボンネット内に残る。
電車は架線から電気を取り入れている。なのに何故発電機が? これは室内の照明・空調をはじめとする交流電源を得るためのもので、モーターで発電機を回している。交直流電車の場合だと交流→直流→交流という段階を経ているわけで、保守や効率の面から、最近は静止形インバータ(SIV)という電子回路で交流を作る装置に代わりつつある。いっぽうCPでは、ブレーキ・ドアエンジン・空気ばねなどの圧縮空気を作っている。これらもふつうは電動車に置かれるが、長大編成単位でそういった機器を分散配置するのも国鉄特急ならではのスタイルだった。

そんな国鉄型の電車に乗ると、走行のモーター以外にも実にいろんな音が聞こえる。MGはブーンという低い連続音。CPは思い出したようにズンガラガラとけたたましく響く。もうひとつ、電動車に乗るとブォーという音が床下から響くが、これは抵抗器を冷却するブロワー。
最新鋭の電車ではMGも抵抗ブロワーもなく、CPにしてもずいぶん静かになった。ひきかえ鈍重な音たちもまた、国鉄色とともに次第に記憶の世界に埋もれていくように思われる。

この記事へのコメント

2009年03月26日 01:12
ボンネット型雷鳥~♪
背景の山と乗客までくっきりとわかるクリアさのサイドビュー、見事ですね!
京都駅では「ふるさと雷鳥」として冬・夏に見かけました。これも国鉄色「雷鳥」の置き換えの一環として、なくなってしまうのでしょうか?最近サンダーバードで片側にはるかのようなタイプ(反対側は今までのとがったもの)が連結されているのを見かけます。これがあたらしい車輌でしょうか?
昨年夏、ひそかに実施中(笑)の急行乗車ツアーとして、「能登」に乗ってきました。座席の前が狭いのが窮屈でしたけど寝てしまえば気にならなかったですし、何より今でも立派に現役として走ってることに感激して乗っていました。

>交流→直流→交流という段階を経ているわけで
大変なんですね。電車にはその時々の誇れる技術が目いっぱい詰め込まれているという感じがします。
2009年03月26日 05:03
おはようございます。

国鉄特急色でボンネット型、横から見る姿も昭和が感じられて素敵ですね。
愛媛にいると見ることもできない列車ですが、ずっと走っていてほしいです。

ボンネット型は必要があってできた形だったんですね。
小さな鉄道博物館
2009年03月26日 06:03
おはようございます。
こちらも先日リバイバルおおとり特急国鉄色を久しぶりに見れ当時の感動が蘇ってきました。国鉄色のオーラは独特な物があり鉄道趣味の私の原点のひとつでもあります。
そちらでも数は少ないですがこの形を見ると上越で特急とき撮影を思い出してしまいました。北海道では見られない形なのでとても新鮮でかっこいいと感じました。正しく写真の様に流れて走行していたシーンが今朝頭の中を走っています。(笑)
nobu
2009年03月27日 00:30
こんばんは。

遠い昔にボンネットを追いかけて上越方面に
足を延ばしに行ったことが懐かしいです。
当時は「はくたか」として活躍して居ましたが
現在も現役とはホントに奇跡ですね。
週末(明日)舞浜臨で上京しますので是非とも
いつもの場所へ行ってみよかと思います。
2009年03月27日 23:24
さくらねこさん こんばんは。

いまなお現役のボンネット車。大阪近辺では、こんどは5月2・6日の〔ふるさと雷鳥〕ですね。しかしこれも今後の車両動向によっては……というところかもしれません。ちなみにこんど入ってくる683系は、両端が〔はるか〕のような高運転台のタイプで、6月から営業開始の予定です。
そうそう、昨夏〔能登〕に乗ってこられたのですよね。では、こんどは〔きたぐに〕へのご乗車と(笑)

いつもお褒めいただきありがとうございます。今回は例の場所(?)で省略された背景の山を入れてみました。いつも車両を真ん中に置く私ですが、なんだかこの時は入れる気になったのです。
2009年03月27日 23:25
静さん こんばんは。

ボンネット形のスタイルにはどこか安心感となつかしさを感じるものです。ボンネット形を含めさまざまな色に塗られたこともありますが、やはり原点に返った国鉄色が一番似合います。ほんとうはずっと走っていてほしいんですけどね。
四国には一度だけ、高松「サンポート」開業の祝賀にこのボンネット車が乗り入れています。
2009年03月27日 23:27
小さな鉄道博物館さん こんばんは。

国鉄色のキハ183系〔おおとり〕は、各地でたくさんのカメラに迎えられたようですね。撮影も叶ったそうで、感動もひとしおではなかったかと思います。私もなんとか撮っておきたいなあと思いつつ、未だ果たせぬ思いを募らせているところで(笑)
上越線〔とき〕の撮影に行かれたことがあるのですね。その時の走行シーンと思い出をつなげることができて、嬉しく思います。
2009年03月27日 23:29
nobuさん こんばんは。

上越線での〔はくたか〕をご覧になったことがあるのですね。
いまでもまれに北越急行での〔はくたか〕として(マークは新しいですが)活躍する機会もあり、まだ現役、それも首都圏で毎日見られることは本当に奇跡。この機会を大事にしておきたいですね。〔ホームライナー〕としての運行にも乗っておきたいところです。

この記事へのトラックバック

  • 夜汽車で見た朝日~急行「能登」

    Excerpt: 誰かがカーテンをあけた窓から 白んできた空を体が感じて目が覚めた 雲の隙間からのぞく太陽は やがて空をうっすらオレンジに染めていく 夜汽車で迎えた穏やかな朝やけは 思いがけない感動の朝 *北陸本.. Weblog: さくらねこのPHOTO散歩 racked: 2009-03-26 01:01