アイこそすべて

国鉄~JRの旅客車両を観察すると、側面の左下隅に定員と並んで「東オク」とか「京キト」、「八ミツ」「海カキ」「米イモ」「大ナラ」といった標記を見ることができる。これらは、その車両(電車・気動車・客車)が所属する基地を示すもので、全国に車両を配置する国鉄ならではの標記だ。特急車両は一見わからないが、連結面に書いてある。
漢字一文字は、国鉄時代の管轄鉄道管理局(JR以降はおおむね各支社)を示す。カタカナ2文字(まれに3文字以上)は「電略」(電報略号)という、駅・運転区などを識別するコードである。管理局にも電略が振られ、基本4文字で全国の駅を識別できる仕組みだ。
国鉄時代の話になるが、たとえば「大ムコ」(現在の京キト)は大阪鉄道管理局(オサ)向日町運転所。「札ナホ」は北海道総局[札幌局](サツ)苗穂機関区、「四マツ」は四国総局(シコ)松山気動車区。ちなみに私の最寄路線・南武線は「西ナハ」、東京西局(トニ)中原電車区だった。(現在は横浜支社で横ナハ)

画像

2233

  • 愛知環状鉄道線 貝津←四郷 2009-2
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO200, 1/200, f11

ところでことしの大河ドラマは、兜の「愛」がすっかり有名になった直江兼続。それから、アラカンの星が歌うのは「愛のままで…」。いっぽう、こちらアイカンの星は2000系である。
愛知環状鉄道は岡多線(おかた・岡崎~新豊田)の特定地方交通線指定を受けて設立された第三セクターで、工事区間だった新豊田(しんとよだ)~高蔵寺間を含めて1988年に開業した。ちなみに「多」は計画当初の目的地だった多治見。途中の北野桝塚(きたのますづか)は、かつてトヨタ工場から出荷する自動車を鉄道貨物として運んだ「車運車」の出発地で、先行して貨物営業していたという歴史も持つ。転換三セク路線でワンマン運転を実施していないのも珍しい。
路線は当初から電化されていたため、車両は国電101系の機器を流用した100系電車を投入、愛知万博を前にこれらの置き換えと輸送力増強で2000系が新製投入された。
同系はJR東海313系の車体・機器構成を利用している。中央線への直通も可能な設計に見えるが、現在はJR東海車両単独の乗り入れのみ実施する。一般公募で決められた外観デザインはグリーン基調で、左右非対称の大胆な波形が目をひく。室内はセミクロスシート。
万博終了後、予定通り100系を廃車し、それらの一部は福井県のえちぜん鉄道へ譲渡された。また今年の増備車はロングシートで、外装もシンプルな青の直線に落ち着いた。
それで、この車両と前半のくだりが何を示すのか? 私鉄としては珍しく、同系には所属標記が書いてある。左下隅に青く見える"■"は漢字なのだが……

画像
(高蔵寺で撮影)



■誤記訂正: 兼次→兼続 (3/9)

この記事へのコメント

小さな鉄道博物館
2009年03月07日 06:54
おはようございます。

最初にタイトルのアイを見て思わずナニ?と思いましたが内容を読んで納得しました。(笑)
また表記の愛にも驚きました。この様な表示があるとは初めて知りとても勉強になりました。
宮本さんは写真テクニックだけだはなく、鉄道研究者でもありますね。これによりその被写体を別角度で最近見る様になりました。
仕事も一段落したので明日8日は湿原号最終日とまた「クーちゃん」に会いに行ってきます。(でも17日から3日間湿原号招待企画運転ありますが)
2009年03月07日 07:05
おはようございます。

「愛」 の表示には、私も驚きました。
こんな表示があるんですね。
愛知の 「愛」 なんでしょうか?

愛媛でも物産品に 「愛媛産には 愛がある」 として売り出しているのですが、愛媛以外の方たちは知らないような気がします (笑)。
さくらねこ
2009年03月07日 21:02
「アイ」ってなんだろ?
チンパンジーのアイちゃん?(笑)って思ったら、車両に表示されてる「愛」だったんですね!
愛知環状線、名古屋にしばらくいたけど乗ったことがありません
愛知の愛なんでしょうけど、車体に「愛」の字とは、不思議な感じです
この「愛」の文字、字体が「天地人」っぽい感じがしますね
ハネが毛筆体っぽいのかな?

富士・はやぶさ乗車のエピソードその1、アップしました!
あれこれと欲張って、ながーい記事になってしまいました(汗)

http://blogs.dion.ne.jp/sakuraneko_photoart/
2009年03月09日 22:27
小さな鉄道博物館さん こんばんは。

国鉄車両の標記といえば独特のスミ丸ゴシックですが、昔の客貨車などはもっと飾り文字みたいに書いていたんですよね。いっぽう青の楷書体で書かれたこの「愛」も、なかなか新鮮な感じがあります。
私など研究というかアレコレ調べてきたのをまとめ上げただけですが、こんな記事でも新しい視点を得られれば幸いです。

SL冬の湿原号は8日がラストとのこと、けっきょくバタバタしてるうちに過ぎ去ってしまいました(苦笑) 釧路道東はまたの機会に、ですね。夏のトロッコも富良野も含め捨てがたいのですが。
2009年03月09日 22:28
静さん こんばんは。

こんな表示があるんですよね。私も最初見たときはびっくりしました。愛環の愛なんでしょう。

愛媛にも「愛」がありますね(笑)。ちょっと話が外れますが、「愛」も「媛」も画数が多いからか、車のナンバープレートでは読める範囲で字画を省略していたことに気づき、うーむと唸ったものです。最近交付しているのは省略せず書いてあるようですが。
2009年03月09日 22:30
さくらねこさん こんばんは。

車体に「愛」の字は驚きですが、自己主張ということでもあるのかもしれません。もっとも車体デザインで、十分すぎるほど主張してますが(笑)
この字は「天地人」の字体にも似てますよね。どれか1両だけあのデザインにこっそり貼り替えて、探させてみるとか(笑)

〔富士・はやぶさ〕レポ拝見中でございます。当方も大詰めでして(そば屋メソッド)

この記事へのトラックバック