急行列車のおもかげ

車両両端のデッキから引き戸を開けると、グレーの床、クリーム基調の壁に、整然と並ぶ青いモケットのボックスシート。腰掛ければ窓側にも肘掛、窓框下のテーブル(センヌキつき)、JNRマークの灰皿。
国鉄形急行列車の一般的な設備だが、このスタイルを残す車両も急行の淘汰でほとんど消えてしまった。その中で今いちばんそれに近いのが、最近個人的におなじみ、JR東日本の12系客車だ。

もともと私は平常時の撮影、定期旅客列車が守備範囲。沿線で通りすがる人と「何か(特別な列車でも)通るんですか?」「いえ、いつもの(電車)です」と交わす会話もいつものことだ。それが最近、イベント列車の運転にも出かけるようになった(そこに引退のにおいを嗅ぎつけてしまう)ため、機関車とペアで使われるのを自動的に目にするようになった。
本音を言えば、はやく旧型客車も見たいのだけれど、こちら原型の12系も実質稼動車はJR東日本・西日本にそれぞれ6両と希少のため、そう贅沢はいえない。JR四国の波動用客車(14系含む)も、今般ついに〔ムーンライト高知・松山〕設定取りやめとなって、今後予断を許さなくなった。
高崎車両センター所属の6両編成は、昨夏のお色直しでスハフ12のJRマークが外され、登場時にだいぶ近くなった。あともうひと頑張り、ドアの所にも白線が欲しい。

画像

スハフ12 162

  • 高崎線 岡部→本庄 2008-7
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO100, 1/160, f7.1
  • RF2009-01-010

昭和40年代までは、電気・ディーゼル機関車は旅客用と貨物用の区分が厳然としていて、貨物機が旅客列車を牽引することは少なかった。とくに冬季は、旅客車に暖房用の熱源を供給する必要があったからだ。
客車の暖房方式は、黎明期から存在した「蒸気暖房」。高温の水蒸気を各車に送り、足元のパイプから熱を放射していた。蒸機ではもちろんボイラから供給されたが、電化の進展に伴い電気機関車に蒸気発生装置(SG)が搭載された。代表的な例がEF58形で、残念ながら私は直接見る機会がなかったが、電気機関車からも白雲がたなびく姿が冬季にはよく見られたという。

12系は冷暖房と自動扉を完備し、客室設備も電車と遜色ないものになったが、編成単位でその電源をまかなうことでも革新的な客車だった。これは繁忙期用の臨時列車用として、牽引機を選ばないようにしたため。盆暮れの繁忙期に旅客機は当然手一杯で、逆に貨物機は手すきだったからだ。
編成一端スハフ12の床下にはディーゼル発電機が装備され、基本編成単位の6両まで電源を供給する。このシステムは車体色とともに、14系寝台客車に受け継がれていく。
電源の編成単位での供給は「ブルートレイン」の始祖20系が先だが、ブレーキ装置が特殊だったため、性能を発揮できる機関車は限られていた。

画像

オハ12 368

  • 信越本線 磯部←安中 2009-1
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO200-0.3, 1/160, f11

一般旅客列車としてはおもに急行で使われた12系が、特急に使用されたこともある。そのひとつが〔つばさ〕の増発用(51号)で、やはり本来の特急車両が目一杯使われ余裕がなかったからだ。車内設備の格差から特急料金を減額し「100円引き特急」などと呼ばれたが、戦後すぐのころからボックス席の特別急行列車は格下と見られていた。戦後一時期に10系3等客車を使った山陽本線の〔かもめ〕は「からす」と呼ばれもしたし、最近ではN'EX 253系が槍玉に挙がった。
その後、特急増発とその設備改善のため、回転座席「簡易リクライニングシート」を備えた14系座席車が登場。その〔つばさ〕をはじめ、昼行・夜行特急の増発用として使われるようになった。

この記事へのコメント

2009年01月26日 01:31
こんばんわ!ムーンライト高知・松山、この春の設定がないのですね
年末に偶然京都駅で見た推進運転が、見納めになるかもしれない・・・
早速の情報ありがとうございました
このまま自然消滅なのでしょうか
年末年始とお盆のみの設定になるという期待は持てないのかなぁ
なんだか急に蒼い車輌の運転が減ってゆき、とても寂しいです
EF55で東のこの車輌に乗れたこと、年末に京都駅で西の車輌を見れたこと、とても貴重な体験になったんですね

さて、この12系、EF55牽引時のですよね
下は、3連休のさよならEF55横川でしょうか
こんなに背景がスキッとしたところがあったんですね!

今日、もう昨日ですが、京都駅で私にはめずらしい光景に出会ったので早速アップしました
停車中のトワイライトに赤い旗が立ってたのと、田端のEF65がやってきてました
ほんとは土曜に向日町にSLが1両いたのを電車の中からみたのですが、残念ながらカメラ持ってなくて・・・
なんでSLが向日町にいたのかな?と思います

小さな鉄道博物館
2009年01月26日 05:59
おはようございます。
RF誌レポートみていただきありがとうございます。湿原号も無事に撮影し帰宅しました。今回は宮本さんを意識して釧路川鉄橋と茅沼サイド狙いをしてみました。25日は鉄橋通過前に晴れ、また煙も綺麗に後方に流れました。茅沼はなんと8羽の鶴が集結し驚いてしまいました。少し飛んでくれてラッキーです。9年間通い詰めていますが今回は湿原号伝説として後世に語られるシーンにも出会えました。まったく降雪には期待していなかったですが25日に標茶から先は白く列車本数が少ないためC11ラッセル連続シーンは圧巻の一言でした。

今回の12系を見ると、やまぐち号SL運転開始当時を思い出してしまいました。通過時の電源用エンジン音が印象的で、やはりブルートレインは違うなと感じましたが今では原色車両も少なくなってしまいましたね。また客車に乗った旅を楽しみたいです。
2009年01月26日 07:16
おはようございます。

ムーンライト高知・松山の設定取りやめなんですね。
確かにJR四国の春の臨時列車に載ってなかったです。
去年、春と夏に ムーンライト松山を撮影にいきましたが、この冬は行かなかったのが残念です。
また春に行こうと思っていたのですが…。
本当に青い客車が見られなくなっていくのは寂しいですね。
2009年01月27日 00:00
「EF58形で、残念ながら私は直接見る機会がなかったが、電気機関車からも白雲がたなびく姿が冬季にはよく見られたという。」・・・私は、「記憶」では見ていないのですが、「記録」では見ていたことになっていたのです。URL参照(^^;。

もったいないものですが、なんでも撮影しておくことが肝要ですね。さて、土曜日あたり・・・(^^?
2009年01月28日 21:17
さくらねこさん こんばんは。

〔ムーンライト高知・松山〕もいつか見に行こうかと思ってましたが、遅かったですね……。昨今の事情からすると復活という線もちょっとなさそうで、本当に昨年末の記録が大事になってしまいました。

上はもうちょっと前、昨夏の〔EL&SL奥利根号〕。下は連休の〔EF55碓氷〕です。
できるだけ背景のすっきりした場所を選ぶというのも、写真を撮るひとつのポイントですが、そんなところもお気づきいただいて嬉しく思います。
2009年01月28日 21:19
小さな鉄道博物館さん こんばんは。

〔SL冬の湿原号〕始まりましたね。雪もまずまずでしょうか。
茅沼サイドを狙われたとのこと(拙作を意識されたということで恐縮です)、また8羽もの鶴やラッセルシーンなど盛りだくさんだったようですね。
お疲れさまでした。撮影の成果も期待しております。

そういえば〔SLやまぐち号〕も今年で運転30周年、復活記念日(8/1)は「復活当時の復活」で青12系の牽引となるようですね。こちらのJRマークも取り外しなのかな、と。
2009年01月28日 21:22
静さん こんばんは。

予想していなかったわけではありませんが、西の〔ムーンライト〕終息、そして〔富士・はやぶさ〕の廃止は、一つの時代が終わるのだとの感を強くします。数年前までは普通列車も含め結構残っていた、関門間を越えて運行する旅客列車が、これで一つもなくなってしまうわけで……。
14系(座席車)もいまや消滅寸前で、青い客車の終わりもまた近づいてしまうのかなと寂しく思われます。
2009年01月28日 21:26
teruさん こんばんは。

EF58形は国鉄時も含めほとんど見る機会がなく、ここまで来てしまいました。現役最後の1両(150)は全検出場してきましたが、現在はSGを使うこともないですし。
なんでもない撮影も、あとから重要な記録になったりしますが、最近の撮影ペースだとつい忘れてしまうこともあるのが難点ですね。どう整理していったものか……
2009年01月29日 00:35
こんばんは~

12系も今となっては風前の灯なんですよね。
北海道だと14系の方が馴染みがある形式ですが、過去には何度か12系も北海道に来ていたこともありまたっけ。
でもそういうときに限って写真を撮っていなかったりするもので今となっては後悔しまくりです。

そしてムーンライトもついに運転が取りやめになるとか。
こちらではブルトレが3本とも健在なことと14系の「はまなす」もありますから全国的な客車の危機具合がどうも感じにくかったりします。
富士・はやぶさの廃止も大きなニュースですが、それにしても客車そのものがここまで減るとは…。
2009年01月29日 23:44
加藤さん こんばんは。

例の本文を借りれば(笑)主な車両基地には必ずいたという12系、ジョイフルトレインに改造された編成たちも、いまや見る影もありません。北海道向けにはまだブルトレ3本に〔はまなす〕、機関車牽引でもまだなんとかなる規模だからかもしれませんが、ますます貴重な地域になると同時に、「その先」も気になってしまうところですね。

12系はこの春もC57出張(D51の代わりに千葉へ)をはじめ、いろいろイベント列車にかり出されそうで、さらにおなじみになりそうですが(笑)、見られるうちにきちんと残しておかないと……

この記事へのトラックバック