ブルートレイン2008[最終回]: 電源車

■ 第1回はこちらです。

24系ブルートレインの編成端に位置するカニ24には、あの"1059"を除けば車両用では最大級となる、巨大なJRマークが目立つ。最近の車両ではかなり控えめな大きさになったJRマークだが、1987年4月1日の民営化当夜、「新生JR」誕生のシンボルとして先頭・後尾車を中心にマーク貼り付けが一斉に行われた。ひと足早く民営化されたNTT(←電電公社)と並ぶ、1990年前後に一種のブームとなった「コーポレート・アイデンティティ(CI)」の代表例といえよう。

画像

カニ24 12

  • 北陸本線 丸岡←芦原温泉 2007-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO125, 1/200, f5.6

これと前後して、Nゲージ鉄道模型メーカーでもJRマーク「だけ」を並べまくったデカールあるいはインレタ(白・黒・灰)を発売した。ユーザー各社の在籍車を民営化するためという理由もあるが、商標であるJRマークを模型といえども第三者が勝手に商品化するわけにもいかず、増備車つまり在庫のための「つなぎ」でもあったのだろう。その中にはもちろんカニ用のマークも含まれていて、その後発売されたJRカンパニーカラーのタイプにも同じように刷られていた。
ちなみに「1/1スケール」(要は実車)でも、発足当日のJRマーク取り付け方法はフィルム転写だった。ラッピング車両の装飾と基本的に同じ作業と考えてよいだろう。

画像

カニ24 109

  • 北陸本線 春江←丸岡 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO100, 1/320, f5.6

「ニ」が示す車端の荷物室(荷重3t)には、おもに新聞―業界紙や専門紙など―を積んでいた(その他小口輸送「ブルートレイン便」にも使用)。ブルトレに限らず夜行列車での新聞輸送は全国各地で行われており、24形の電源車カヤ24には後に0.5t積みのスペースを設置、カニ24も100番台では荷重5tに拡張されている。
国鉄末期の荷物・郵便輸送全廃後もこれらは残され、新聞はいわば「知られざるブルトレ常連客」だったが、2005年〔あさかぜ〕(オハネフ25 300番台)廃止をもって、東海道筋ではブルートレイン便ともども終息となった。

画像

カニ24 507

  • 東北本線 東大宮←蓮田 2008-4
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO200, 1/160, f4



季節はまもなく秋分を迎える。ここで示した写真も、いくつかはもう撮影が厳しくなってきた。来年また……と言えないのがなんとももどかしいのだが、1両ずつ撮ったのを改めて眺めてみると、あることに気づかされる。残された車両の多くが、外板の補修や再塗装を受けて美しい姿によみがえっていたのだ。
ことし2~3月ごろに見た一部の車両は塗装の剥げや車体の錆・波打ちが激しく、見るも無残な姿で走っていた。厳しい冬に耐えてきたとはいえ、寝台列車の末路を見るようで哀しかった。季節が変わった後、こうしてきれいな姿になったのは意外でもあったが、それを記録することができたことで、沈んだ気持ちも少しは晴れた気がする。何度も失敗して費用もずいぶんかかってしまったけれど、それも含めて良い体験であった。

先日、2列車〔富士〕大分から東京までの寝台券を買った。2号車A個室「シングルDX」。オロネ15―もとオロネ25への乗車は、おそらくこれが最初で最後になるだろう。ハイケンスのセレナーデを、私はあと何回聴くことができるだろうか。

この記事へのコメント

2008年09月16日 22:27
「冨士」2列車に乗られるんですね!
始発大分から終点東京まで、、、長い旅です
私はなんだかあわただしく乗りましたが、ゆっくり楽しんでくださいませ!

A個室は、机をあけると洗面台があるんですよね
今回A個室に乗られている方のご好意で、写真を撮らせていただきました
「冨士・はやぶさ」に乗った時は、門司や下関での停車中に撮影している鉄道ファン同士で自然と会話が生まれ、いろんな情報交換?ができました
車内で写真を撮っていても、「冨士ですか?はやぶさですか?」「どこまでですか?」といった声かけで会話が生まれ、なんだかとってもいい雰囲気でしたよ~
こういうのも夜行の良さなんでしょうね
2008年09月16日 23:52
さくらねこさん こんばんは。

そうです。私も〔富士〕に乗ることにしました。
前回〔はやぶさ〕〔富士〕の乗車からもかなり経っていますし、今年中に乗っておかないとまずいだろうなと感じはじめたところ。で、乗るならやはり栄光の〔富士〕、それもA個室寝台を試してみよう、と奮発(?)しました。
けっして評価の高い部屋ではないんですが、まあそれも貴重な体験になればいいなと思います。というより、当日ちゃんと出発してくれないと……(汗)
しっかり個室取材もされてますか~。すっかりレポーターですねぇ。乗車記がますます楽しみです。
2008年09月17日 18:14
こんばんは

そうそう、カニの「JR」マークって巨大ですよね~。
そういえば一斉に貼り付けが行われましたっけ。
あれからもう20年が経つのかと思うと月日が流れるのは早い…なんてつい思ったりもして。

今でこそ私も電源車は見慣れましたが、やはり道内は14系でしたので北斗星の運転開始の頃は違和感アリアリだったものです。

そして今度は「富士」に乗られてくるとのこと。
しかもA個室ですか。
今でこそロイヤルだのハイグレードな個室が登場し、その存在が薄れてしまった感もありますが何せ私も子供のころに憧れたあの個室です、羨ましいと思うと同時に存分に楽しんできてください。
2008年09月17日 23:43
加藤さん こんばんは。

あれからもう20年以上経ちますね。当時はなんだか熱狂の中にいた気もしますが、それでもこの巨大マークは「そこまでするか?」という感じがしたものです。

そして宣言どおり? 〔富士〕のA個室・シングルDXの券を取ってしまいました(笑)。ほかにもA個室はありますが、やはり元祖の体験も一度はしておかないと…ということで。
私にとっても長い間あこがれの存在でしたから、しっかり目に焼き付け心に刻んでおきたいところ。当日になって運休…なんて悲劇のないことを願うばかりですが。(笑)
そうだ、行きのスケジュールもそろそろ考えないと(ってまだ決めてないの?)

この記事へのトラックバック