トップナンバー

鉄道写真とひとくちにいってもいろいろな撮り方があるものだが、そのなかで「車両」を題材にした写真には大きく二つに分けられる。ひとつは「形式写真」とよばれる、基本的には車両の左側面を前位側から撮った写真。もうひとつは走行中の車両を側面から流し撮りにした、いわゆる「サイドビュー」という写真。私が最近力を入れて集めていて、そしてこのコンテンツで扱うのはタイトルどおり鉄道車両のサイドビュー、なかでもより厳密に真横を静止させることを目標にしたサイドビュー写真である。
サイドビューについては、この界隈では広田尚敬氏の「動止フォトグラフ」が至高であろう。それにくらべればまだまだのレベルだと思うが、最近は拙作でも雑誌に載せられるくらいにはなってきた。それでも撮りためたままのものが多数あり、かつこの手の題材はなかなか母屋で出す機会がなかったので、この際ブログの形式を借りてすこしずつ紹介していこうかという気になった。

画像

EF65 1001

  • 東北本線 白岡←新白岡 2007-4
  • D200, AF Nikkor 50mm F1.4D

さて、トップバッターにふさわしいのは何であろうかと考えると、やはりトップナンバーにご登場いただくのが筋であろう。というわけで昨今非常に注目度の高かった EF65PF型のトップナンバー、1001号機である。先行列車との関係で上り線をゆるゆると進行してきて、ちょうど水の張られた田んぼにその姿を映した。
1001号機との巡り合わせはあんまり良くなかった。いい良くないとかいう以前に、まともな撮影がこれくらいしかないようである。この時も「フェアーウェイ」「カシオペア」などを収めようとしたときに右側からやってきたというのが本当のところ。

そういえば、これ以上に注目度の高かった535号機との巡り合わせも悪かったなあと思う。いつも期待していないところでやって来てはパンタが切れそうになったし、しかも全部単機、という……。サイドは撮れずじまいであった。501号機はいましばらくの活躍が期待されるので、ぜひとも残しておきたい。

この記事へのコメント

2008年07月04日 22:13
こんばんは~

さっそくおジャマさせていただきました。
サイドビューって一度ハマると全形式を集めたくなりますよね。
私も足回りの隠れない、軌道がハッキリと見えるクリアーなポイントをみつけると撮りたくなってしまう性質です(笑)。
でもキリがないというか、全形式を集めたとしたらどれだけの数になるのやら…

ところでお写真の1001号機、良い時期の良い光線状態のときにタイミングよく来てくれましたね。
本物も虚像もバランスよく配置されていて思わず見惚れてしまうカットです。
2008年07月05日 00:49
加藤様 こんばんは。
さっそくのご訪問、またお褒めの言葉をありがとうございます。
水鏡は期間限定なだけに、決まると嬉しさも2倍ですね(笑)

こんな感じではじめてしまったサイドビュー企画ですが、たしかに全形式を、それもきちんと撮ろうとすると大変です。でもまあ、長期間腰を据えて取り組めるネタと考えれば…とりあえず手持ちがかなりたまっていますので、しばらくは大丈夫かと(笑)
ということで、毎日とはいきませんが適宜更新していこうと考えております。北海道の車両群もこのところの集中撮影でだいぶ増えたので、順次紹介できるかと思います。
2008年07月08日 08:31
おはようございます。
素敵でユニークなブログ開設で、これからの企画が楽しみです。自分も、もっと挑戦してみたいと思いました。さて、週末は・・・(^^。


teru
2008年07月08日 22:34
絞り値とシャッター速度も掲載して頂けるとうれしいですが・・・、やはりノウハウということで秘密でしょうか?
2008年07月08日 23:52
teruさん こんばんは。いつもお世話になっております。(笑)
今後の企画にもご期待いただいてるようで、ちょっとプレッシャーかかりますね(^^;

絞り値とシャッター速度ですか? べつに秘密でもなんでもありませんので、この後は入れておきますね。ただしRAW処理をしていますから、この値(+ISO感度)は参考程度にとどめておいたほうが無難です。ちなみにこれは ISO100, 1/500, f5.6。
牧野 佑介
2009年01月19日 16:04
こんにちは、EF65 1001が所属している機関区、
吹田機関区にも留置されること、
大阪周辺で運用されることとか、
おもな運用区間などを教えてもらえないですか。
2009年01月19日 22:10
牧野さん こんばんは。

ご質問の件ですが、EF65 1001号機はすでに仕業から外れております。2008年4月1日現在 新鶴見機関区で保留車扱いです。
したがって運用区間は、現在は「なし」です。過去についてはお答えのしようがありません。

……といったことは本文中で明記せずとも表現しておりますが、伝わらなかったでしょうか? とすれば私の表現が至らなかったということですが。

この記事へのトラックバック

  • 私も「サイドビュー」

    Excerpt: 新幹線の「サイドビュー」、私は700系がお気に入りです。 角度によっては、とてもカッコワルイと感じたりカッコヨイと感じたり、いろいろ変化があって好きです。 Weblog: 鉄道写真とカメラ日記 racked: 2008-07-15 23:20