sideviews

アクセスカウンタ

zoom RSS 白の記憶―青函点望

<<   作成日時 : 2016/04/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

春・夏に青森を訪れたら、この列車は外せなかった。最後の急行列車、最後のJR客車列車、そして最後のブルートレイン車両。青函連絡船の深夜便を受け継ぐ形で誕生した急行〔はまなす〕は、JR世代でありながらも国鉄の雰囲気を残しつつ、2016年3月22日の北海道新幹線設備最終切換を前に海峡線旅客列車のしんがりをつとめあげた。
いつものように油川の撮影場所に腰を据えてそのときを待つ。右手踏切の警報器が鳴り出し、右側から赤いED79に牽かれてブルーの客車が乾いた音を立てて通り過ぎていった。

スハフ14 555

スハフ14 555

  • 津軽線 油川←津軽宮田 2014-5
  • D7100, AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR, ISO200


この画像は単なる白のべた塗りではありません。そう、心の眼で見てください……というわけではないが、最近はよくしたもので、高度な画像処理でこの絶望的な状況もなんとかできたりしないかと思ったものである。画像(RAW) の現像に際しディヘイズ (かすみ除去) 処理をかけてみると、なんと! 真っ白な画像の中から車体の形が浮き出てきた。それにしても、自分で言うのも何だがよくここまで止めたカットがあったものだと。
津軽線付近は海が近いせいか夏場は市街近くでも霧が良く発生し、同列車や〔北斗星〕を狙う撮影者を悩ませていたようだ。この日も宿を早朝に抜け出して、青森駅付近の晴天に気をよくして車を進めていたが、突然の真っ白なベールに立ちはだかれてはなす術もなし。すこしくらいは見えてくれないかという願いも空しく、ほぼ定刻どおりに列車は音だけを残して走り去っていったのだった。

画像

ED79 58−ED79 59

  • 津軽線 油川←津軽宮田 2014-5
  • D7100,AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR, ISO200

太陽が高くなるにつれて霧は徐々に晴れ上がってきた。そんな中に現れたのはED79 50番台重連の貨物列車。元の画像はやはり乳白色だらけだが、今度はなんとかそこから浮かび上がらせることができた。貨物用の50番台は、当代青函連絡の主役EH800の暫定投入と入れ替わりに、一足早く運用を退いている。

14系客車500番台は、北海道内の夜行急行列車の体質改善を目的に臨時特急用の14系座席車を耐寒耐雪化したグループで、1981年2月に函館本線(通称山線経由)の急行〔ニセコ〕に投入。後に寝台車も加わり、札幌から北海道各地に向けブルートレインが走ることになった。

スハフ14 555

スハフ14 555

  • 千歳線 島松→北広島 2014-5
  • D7100,AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR, ISO400

外見では乗降口の折戸が凍結予防として引戸に変更されたのが最大の特徴だ。扉の片方は荷物置場部に引き込まれるが、もう片方は客室座席部まで食い込むため、窓幅がすこし狭められているのも目に付く。一部車両は扉の窓に「自動ドア」と注記しており、登場時は10系寝台客車と併結していた歴史を語る。車両自体の空調は電気式 (スハフのディーゼル発電機から) ながら、蒸気暖房の配管も通っていた。550番台はオハフ13に発電機を搭載した車両で、〔はまなす〕では函館・千歳線上で車掌室を函館側に向けて連結されていた。

冒頭の画像iについては、画像を調整しても結局車号は判別できなかった。ならばなぜ書いてあるのか? という疑問への答えは単純、その夜札幌へ飛んで翌早朝の下り列車を迎え、うまく同一車を記録できていたというわけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
エイプリルフール特集も回を重ねてきましたね(^_^)激変の青函でした。新幹線になり、こちらの路線は静かになってしまったことでしょう。
teru
2016/04/14 07:41
teruさん
たいへんご無沙汰しております。

新幹線開業と同時に在来線の旅客列車が全廃となったのは「横軽」以来のことになりますね。あちらは線路が途切れましたが、海峡線自体は貨物の動脈として重要な役割を持っていますから、機関車は変わったもののダイヤの賑やかさはまだまだ残されているようです。
今後はクルーズトレイン扱いで再開する「カシオペア」と、それを受け継ぐ「四季島」に期待ですね。
宮本康宏
2016/05/17 00:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白の記憶―青函点望 sideviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる