sideviews

アクセスカウンタ

zoom RSS 絵本の世界へ

<<   作成日時 : 2016/01/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大井川鐵道ではこのところ、夏頃に不思議なことが起きている。1台の蒸気機関車が姿を消し、入れ替わりにちょっと変わった機関車が登場しているのだ。2012年と13年は、同社のSLキャラクター「SLくん」が青色の出で立ちで登場、そして2014年と15年には、イギリスのソドー島から1台の有名な蒸気機関車と仲間たちがやってきて、同線で夏休みを過ごした。ソドー島からの来訪者とは、そう「きかんしゃトーマスとなかまたち」の主人公であるタンク機関車のトーマスだ。
本来は入換や小運転むけの機関車であるためすこし荷が重いらしく、電気機関車のアシストを受けての運転とはなったが、緑濃い山里を絵本の世界そのままにはしる機関車の姿が評判をよび、2015年夏もひきつづきソドー島から大井川鐵道にやってきたのだった。終点の千頭には、日本からソドー島へ渡った「ヒロ」が里帰りし、2015年には小型タンクの「パーシー」も加わった。

画像

1 (Thomas)

  • 大井川鐵道大井川本線 崎平←千頭, 2015-7
  • D810, AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR, ISO160

日本にやってきたトーマスは、姿を消したC11 227号機のボディにそっくりな形と大きさになっている。デフレクタが取り払われて表情をつくる顔が取り付けられ、水色の3つの動輪に前デッキ(ランボード)に置かれた前照灯も絵本の雰囲気そのままだ。トーマスはC形(0-6-0)であるが大井川に来た際に従輪が3軸増えて1C2形(2-6-4)に見えるのだが、それらは目立たなくされている。牽引するオレンジの客車に掲出された種別板は「特急」となり、SL急行料金よりすこし高い「トーマス料金」の適用を受けた。
2015年の夏はもう1台、赤い「ジェームス」もトーマスにすこし遅れて到着し、7月から運転を開始。こちらはやはりどこかへ行ってしまったC56 44号機とおなじモーガル(1C/2-6-0)形テンダ機関車である。ジェームスの出番はトーマスと入れ替わりで平日中心であったが、最初の週末だけはトーマスと同日運転ということで、その日を狙って千頭まで足を伸ばし大井川の岸に構えた。先行するのはジェームス率いるお座敷展望列車。赤いボイラが緑の風景でいっそう引き立って見えた。

路線・観光バスの運行に関する規制の強化を発端として大鐡のSL列車は苦境に立たされ、普通列車の大幅減便といった地元には厳しい状況となっていた中、2014年に大鐡がトーマス列車の運行を発表するや大いに注目を集め、連日ほぼ満席で運行された。2015年12月にはリスマスイベントと絵本の出版70周年を記念して再度の来訪、夏には試乗会のみで行われたふたりの重連も行われ、好評のうちにシーズンを締めくくった。2016年もまたトーマスたちが夏休みにやってくるそうで、さらに新たなキャラクターの来訪も発表されている。

画像

5 (James)

  • 大井川鐵道大井川本線 崎平→千頭, 2015-7
  • D810, AF-S NIKKOR 70-200mm F4G ED VR, ISO160


帰りは通常形態のSL〔かわね路2号〕に乗車した。牽引機は大鐡2台の留守とトーマスたちを預かる2台のうちC11 190号機の牽引だった。お召し列車牽引の装飾で復元されている同機は一時期個人所有であったことも関係するのか、それ以外の装飾や形態変化はほとんど受けていなかったが、同社SLの40周年を記念して変形デフの代表格である小倉工場式デフレクタ、通称「門鉄デフ」(門デフとも) に取り替えた姿で1月〜3月まで運転される。

© 2015 Gullane (Thomas) Limited.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
絵本の世界へ sideviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる