sideviews

アクセスカウンタ

zoom RSS 物流を支える

<<   作成日時 : 2009/04/24 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

昭和40年代後半以降の国鉄衰退期ではとくに貨物輸送の落ち込みが激しく、国鉄は「59・2」とよばれる1984年のダイヤ改正で、ヤードでの操車を中心とした個別駅間の輸送を全廃、主要駅・貨物ターミナル間を直行列車で結ぶ拠点輸送に舵を切った。以降、二軸車中心の雑多な貨車で構成された貨物列車は消え、コンテナ車を連ねた「高速貨物列車」と特定品目を輸送する「専用貨物列車」(専貨)が貨物列車の姿となった。
編成を締める車掌車もこの時期に全廃されており、いまの貨物列車は「コキ」ばかりの尻切れトンボでつまらないという意見もあろうが、いろいろなコンテナの大きさやデザイン、ときに特殊な形状のコンテナもあったりで、それはそれで楽しい。ブルートレインが去った東海道・山陽本線ではEF210牽引の貨物列車(総重量1,000〜1,300t)が昼夜分かたず通過し、大幹線の使命をいまでも確かなものとしている。

画像

コキ100-72

  • 武蔵野線 東浦和←東川口 2009-2
  • D200, AF-S VR Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G
  • ISO160, 1/200, f8

画像

コキ104-598

  • 山陽本線 魚住→大久保 2009-4
  • D700, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO200, 1/250, f5.6

JR発足当初は貨客とも輸送量が急伸長し、貨物列車のスピードアップも課題となった。当時主力のコキ50000形は最高95km/hだが、国鉄末期に改造で100km/hに向上したコキ250000に続き、110km/h対応のコキ350000が登場。しかし海上コンテナ(ISOコンテナ)の積載に制限があるため、低床化をはじめとした完全な新設計で登場したのが、コキ100系列である。
1988年に量産を開始し、経年の進むコキ5500・50000を置き換えていったが、20年に及ぶ増備の途上で仕様が微妙に変えられており、4両ユニット(コキ100+101, 102+103)から1両単位(コキ104)、2両ユニット(コキ105)、また1両単位(コキ106, 110, 107)と8形式にもなった。在籍両数では一番多いのがコキ104で、続いてグレーのコキ106が続く。

画像

コキ106-1161

  • 室蘭本線 社台→錦岡 2008-5
  • D200, AF Nikkor 50mm F1.4D
  • ISO100, 1/250, f5.6

貨物列車を撮るときには、機関車はもちろん後続のコキにもカメラを向けている。やはりコキ104・106と旧来のコキ50000が大多数で、それ以外の撮影はなかなか難しい。とくに黄色いコキ110は5両しかなく、まだ見た記憶がない。基本形状が酷似するこれらの車両は地色がわからないほど汚れていることも多く、見分けるのに車番を確認しなければならないのも大変なところだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

貨物といえば二軸車でコンテナといえばC20型
(若葉色?)の印象が強いですね。現在はコキの
高速コンテナが主流ですが物流競争では鉄道は不
利でも環境にやさしい鉄道輸送は今後もっと見直
されるでしょう。EL好きの私には運転本数を増
やしてほしいものです。最後にリンクを貼ってい
ただき有難うございました。
nobu
URL
2009/04/25 21:11
nobuさん こんばんは。

JR発足当初はC20系列の若葉色コンテナも多かったですね。ステンシルで「JR貨物」と塗装していたり、はたまたJNRマークの真ん中を塗りつぶして「J R」にしたのもあったり。

環境問題もそうですが、やはり鉄道貨物の真価は大量かつ高速の輸送能力です。支線や特殊品目は残念ながらトラックに移行していますが、幹線系統には継続して手を入れていくようで、今後も一応期待できそうですね。
宮本康宏
2009/04/26 00:42
こんばんは〜

意外と見落としがちですが、貨車もしっかり撮っておきたい車両ですよね。
さらに近年は貨車も国鉄形が急速にその数を減らし、今ではコンテナといえばコキ100系ばかり。
つい最近までコキ50000もウジャウジャいたんですけどね〜。
一方でコキ100系はずいぶんと増えましたよね。
そういえばコキ104に海上コンテナ対応の「M」マークの付いたものもありましたっけ。

先日、私もコキを撮りましたが、色が似ているせいか遠目からコキ100系を見るとどれも同じに見えてしまって…(笑)。
何枚か撮ってほとんどがコキ104でしたが、一枚だけコキ106がありました。
狙っているときは特に目新しい車両に出会えなくてノーマークのときに限って少数派の珍しい車両が組成されていたりするんですよね(笑)。
加藤 勝
URL
2009/04/26 20:18
加藤さん こんばんは。

目新しい車両、とくに稀少なうちは狙ってもなかなか捉えられませんね。最近とくに痛感しております(笑) コキで新しいのは107ですが、撮れたのはまだ1回…。
といいつつもこれから増殖していき、かわりに旧来の車両があっという間に稀少に…というのはいつものこと。グリーンのコキ250000もできる限り集めているところですが、50000そのものがやはり減少傾向にあり、難しいところですね。

(※ 重複したコメントは一方にまとめました)
宮本康宏
2009/04/27 21:54
こんな青い台車もあったんですね。どうも、黒っぽいのしか見たことないような気がします。
毎朝通勤電車の窓から、向日町の操作場にいる電車と梅小路にいる貨車を眺めています。まるで定点観測(笑)台車のぎっしりコンテナの乗った貨物は、整然として幾何学的な美しさを感じます。
そうそう、このあいだ梅小路から出発したチキの台車の横腹に大きな「九」の文字がありました。なんの表示かご存知だったら教えてくださいませ。
さくらねこ
URL
2009/04/27 23:56
そうこうしているうちに初夏ですね(^^;;;。ご活躍のようでなによりです。タキ、ホキ、ワム等も撮影されているのでしょうか、次回を楽しみにしております。コンテナは、会社によっても、年代によっても、様々、奥が深そうです。きりが無いですよね(^^;。
teru
2009/04/28 00:22
こんばんは。

遅くなりましたが各鉄道雑誌拝見しました。RM誌ではHP画像と違い色の深みに吸い込まれそうになってしまいました。(笑)

すっかり貨物と言えばコキに統一されてしまいましたが、たまに満コンで全てがJRFで統一された列車を撮影すると統一美が綺麗で何度か新富士まで追いかけした事があります。DF200との組み合わせもとてもマッチして迫力がありますね。
小さな鉄道博物館
2009/04/28 18:24
さくらねこさん こんばんは。

今回はできるだけきれいなものを選んでみましたが、汚れていて青と灰の違いもわからないことも多いのです(笑)
コキにコンテナが満載されていると、仕事してるなって感じがします。このテの撮影では特にそうですが、「空コキ」は締まりがなくていけません。

チキにある「九」の表示は九州支社ですね。黒崎駅(北九州市)からレールを運んでくるものです。
宮本康宏
2009/04/29 00:12
teruさん こんばんは。まあなんとか、なによりという感じですが(笑)

さすがにコキが一番多いのですが、タキなどはそこそこ見るので少しずつ増えてはいるようです(笑)。コンテナ車は下のコキはもちろん、載っているコンテナをあれこれ見聞してみるのも楽しいものですね。
宮本康宏
2009/04/29 00:13
小さな鉄道博物館さん こんばんは。

掲載誌もご覧頂きありがとうございます。ひさしぶりにフルサイズ・絞り開放の恐ろしさを味わいましたが、逆にそれを活かす撮影ができたと自負しております。

満コンの編成は迫力がありますね。JRF統一された編成となればまた一層のことと思います。DF200との組み合わせは現代的な貨物列車のシンボルといったところでしょうか。
宮本康宏
2009/04/29 00:14
あ、「九」はやっぱり九州ですか!まさか九州からきたんじゃないよねぇ。。。と思ってたので、驚きです。わかってすっきり、ありがとうございました。コメントした翌日、梅小路通過時によーく見てみると、黒いコキ、グレーのコキ、そして青いコキもいました。誇りまみれでほとんどグレーっぽかったので気がついてませんでした(笑)

連休は恒例SL北びわこ号やふるさと雷鳥含め雷鳥の臨時がたくさん♪お天気もいいようですし、鉄分たっぷり補給してきます♪
さくらねこ
URL
2009/04/29 15:21
さくらねこさん またまたいらっしゃいませ。

遠く九州からレールを運んできているんですよね。継走されて東海道(すくなくとも名古屋より先)に足を伸ばしています。このレールチキもいくつかタイプがあるので、そのあたりも今後集めていかねばと思います。
連休は天気もまずまずのようで、鉄分補給にはうってつけですね。私も補給…というよりむしろネタ集め(笑)、に出かけます。
宮本康宏
2009/04/29 16:33
こんばんは。ご無沙汰しまくりであります。コンテナに目を向けるときりがありませんね(^^;。夜中になっても現像が終わりません。JR貨物所有のコンテナ以外にも、私有コンテナに海上コンテナ・・・。DD51から南九州地区の写真まで、いつも楽しませてもらっています。
teru
2009/05/24 23:27
teruさん こんばんは。

コンテナの世代交代も静かに進んでいるようで、昨年度中に緑のC20系列が全廃され、C30系列も消滅寸前。それに気がつけばJRマーク付き水色コンテナまでなかなか見かけなくなってしまいました。そんなところに目を向けてみるのも面白いかも知れませんね。
宮本康宏
2009/05/28 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
物流を支える sideviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる