sideviews

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルートレイン2008: はまなす

<<   作成日時 : 2008/08/02 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

ここで番外編的だが〔はまなす〕についても取り上げようと思う。寝座混合の急行列車であり、厳密な「ブルトレ」の定義からは外れているが、いまや貴重な「夜行」「急行」「客車」列車である。
〔はまなす〕を撮れそうな場所はいくつかあるが、この夏までとなる〔まりも〕も一緒に狙うとなると千歳線で張るしかない。〔北斗星〕の前に、早朝の島松付近へ寄った。水田が広がる光景は本州と同じだが、そこにキタキツネが顔を出すのは北海道ならではだろう。

画像

スハネフ14 551

  • 千歳線 島松→北広島 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO160, 1/200, f4.5

〔北斗星〕の増発時に、北海道では国鉄から承継した24系の車両数が不足したため、余剰気味の14系500番台の寝台・座席車を改造して24系に編入した。その後〔はまなす〕に寝台車を連結するとき、こんどは電源車が足りなくなった。そこでオハネフ25 200にスハフ14のエンジン・発電機を移植して14系化したのがスハネフ14 550番台である。
スタイルはぱっと見スハネフ15だ。だから、スハネフ15 500とするのが自然な気がするけれど、なぜか形式は14になった。
理由は明らかにされていないが、なんでも改造車とはいえ新形式を起こすとなるといろいろ手続きが大変だから、らしい。(JR北海道はスハネフ15を承継していない) 〔北斗星〕個室化時も北海道車はぜんぶ25形に統一しており(24形も持つ東日本車は種車の称号に従う)、最近でもキハ261系基本番台(スーパー宗谷)と併結ができないキハ261系1000番台を登場させた。それでいてオハネ/オハネフ24があるのは矛盾している気がしなくもないが、そこで何かあったのだろうかという想像もできる。隣にオハネ24 ときにオハネフ25を従えることから、14系と24系の折衷型ともいえる車両だ。

画像

オハ14 515

  • 千歳線 島松→北広島 2008-5
  • D200, AF-S Nikkor ED 80-200mm F2.8D
  • ISO160, 1/200, f4.5
  • RF2008-08-13

これは座席車だが、かなり寝台に近い車両でもあるので挙げておこう。オハ14「のびのびカーペットカー」。座席を撤去して船の桟敷のようにカーペットを敷き、枕木方向に寝るようカーテンで簡易に仕切れる区画を並べている。その上には線路方向へ寝る区画も設置したため、扁平な窓と上部に小窓が並ぶ他車にない独特の風貌ができあがった。
反対側の窓配置は種車と同じで、ペットマークがついていること以外は普通の座席車とほとんど変わらない。2両在籍、改番はされていない。

千歳市内のホテルをチェックアウトしたのが4時半すぎ。フロント曰く「お仕事か何かですか?」……まあ、そういうものかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
オハ14 515、極めて特異な車両かと思いましたが、随分、改造車が増えているものですね。
4時半チェックアウト。お疲れ様です。
teru
2008/08/03 14:59
teruさん こんばんは。

何をおっしゃいますか(笑) 1時出や仮眠後4時起きなど、例の行程なら茶飯事ではありませんか。
にしても、いつもこんな具合ですから、たまにはホテルでゆっくり食べたいと思いつつ、なかなかその機会ができないものです。
宮本康宏
2008/08/04 00:07
どうもです〜(^^;。
私も一度は、数日遠征に行ってみたい今日この頃です。なかなか難しいものですね(^^;。

ちなみに、私鉄も収集されてますか?
teru
2008/08/06 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブルートレイン2008: はまなす sideviews/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる